サービスから教室・会場を探す

  • 120周年サイトバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • 滋賀県
  • 〒525-0025 滋賀県草津市西渋川1-23-23 A-SQUARE SARA専門店棟 2F
  • 077-561-6570
  •  10:00~21:00

お知らせ一覧

▼1~10件を表示/全61件

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • ナニワの光速ウクレレ少年 近藤利樹くんが来てくれました!(その1)
  • ナニワの光速ウクレレ少年 近藤利樹くんが来てくれました!(その2)
ナニワの光速ウクレレ少年 近藤利樹くんが草津A・SQUAREにLIVEに来てくださいました。

見に来てくださったたくさんのお客様、ありがとうございます。

「夏休みの、日曜日の、午後」と「ウクレレ、光速、少年」の組み合わせ。たくさんのお昼ご飯明けの大人たち子どもたちを前に、元気に素直にMCされる姿、特に大人のみなさま、びっくりしたのではないでしょうか。
楽器を弾くと本当に10才…!?と驚くほどの腕前。
ウクレレを弾くのがとても楽しそうな様子。みなさん聴き入っておられましたね。
日曜の午後は、ウクレレです。

これからのご活躍、JEUGIAとしても、かげながらバックアップさせていただきます。
ありがとうございました。


・近藤利樹ファーストミニアルバム “HELLO UKLELE”

詳細はこちら>>


NEW 新しいコースがはじまります!

満席でご案内できなかったレッスンコースも増設しました!

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • NEW 新しいコースがはじまります!(その1)
ミュージックサロン草津A・SQUAREより大人の音楽レッスンコースのお知らせです。

・新しく開講するレッスンコース、決定しました。
・満席だったレッスンコース、増設しました。


体験レッスンの日程も掲載しております。一度遊びに来てみませんか♪

【新開講コース】

◆クラリネット

◆オカリナ

◆クラシックギター

◆ジュニアボーカル(小学生対象)

◆おもてなし英会話

詳細はこちら>>


OUR FAVORITE GEAR第8回

突撃!隣のバンドマン

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • OUR FAVORITE GEAR第8回(その1)
  • OUR FAVORITE GEAR第8回(その2)
  • OUR FAVORITE GEAR第8回(その3)
OUR FAVORITE GEAR 第8回 北山三四郎(afrobat、高品格、Gt)


90年代に東京を拠点に結成され、オルタネイティブロックの名門・ZKrecordsから7inchEP、アルバム等をリリース。一度は解散するものの長い沈黙を破り、2012年に再結成されたオルタネイティブ・ハードコア・バンド、afrobat。
OUR FAVORITE GEAR第8回はそのafrobatからギタリスト、北山三四郎さんの登場です。
徹底的に音にこだわり、バンド全体を包み込むような力強い轟音から、リリカルで繊細な音までを自在に表現する長身・長髪でとにかく存在感のあるギタリスト。
また、三四郎さんはKIRIHITOのドラマー早川俊介氏を中心に結成された80sテクノポップ&NEW WAVEロックンロールバンド、高品格(タカシナカク)にも参加されており、こちらではafrobatと異なりクリーン、クランチを基調としたローファイでユニークなサウンドを響かせている。


そんな三四郎さんのメインギターはFENDER USA B-BENDER TELECASTER

詳細はこちら>>


OUR FAVORITE GEAR第7回

突撃!隣のバンドマン

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • OUR FAVORITE GEAR第7回(その1)
  • OUR FAVORITE GEAR第7回(その2)
  • OUR FAVORITE GEAR第7回(その3)
第7回 河田祐一(Hunchback B,Cho)

第5回にも登場してくれたHunchbach。OUR FAVORITE GEAR第7回は、寡黙ながらもアグレッシブなステージングでライブを盛り上げ、ピック弾き、指弾き、スラップ等の様々な表現でバンドの低音を支えるユニークなスタイルのベーシスト、河田祐一さんの登場です。


まずは愛機の紹介。河田さんはSPECTOR LEGEND 5 CLASSICをメインベースとして使用している。こちらはローBの5弦ベース。もはやスタンダードと言えるほど定着した多弦ベースだが、歌モノのロックバンドでの使用は比較的珍しい。


「ローB弦は流れるようなフレーズを作るときは使いにくいんですけど、押せ押せのフレーズの時とかは使いやすいですね。ただ、どうしても音がぼやっとしちゃうんで基本の音作りが大事ですね。輪郭をしっかり残しつつ、低音も保つような感じでやってます」


「改造点は特に無いです。このベースはアクティブなので、コントロール部にプリアンプのノブがあるんですよ。プリアンプのコントロールは通常時は絞っておいて必要なときに全開にする、といった使い方をしてます。例えばスラップ時はハイのノブを全開に・・・みたいな。ミッドからハイはけっこう出るベースだと思います。なんで普段はそこまで上げる必要がないんですよね」

詳細はこちら>>


OUR FAVORITE GEAR第6回

突撃!隣のバンドマン

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • OUR FAVORITE GEAR第6回(その1)
  • OUR FAVORITE GEAR第6回(その2)
  • OUR FAVORITE GEAR第6回(その3)
第6回 GURE(HAWAIIAN6 Ba&Cho)


「ツアー先で必ずすることですか・・・。ホテルの部屋をとにかく加湿することと、入浴剤を入れてゆっくりお風呂に入ることですかね!(笑)」


全国規模のライブツアーを精力的に展開し、昨年行われたAIR JAM 2016にも出演した日本のメロディック・ハードコアパンク・バンドの代表格HAWAIIAN6。疾走感溢れる楽曲をダイナミックに演奏する様はまさに「ライブバンド」。OUR FAVORITE GEAR第6回はそんなHAWAIIAN6の低音部を支えるGUREさんの登場です。


現在メインとして使っているのはESP JAZZ BASS TYPE


「現在dustboxのjojiさんから借り受けているベースで、ぶっちぎりのメインです。コントロール関係は潔くワンボリュームのみ!アッシュ材の中でも特に重いものを使っており、ブラスナットということもあってとても抜けがよくてコシのある音が出ますね。先日のレコーディング(SINGLE “Burn”)はこの1本で弾いてます。このシングルでぜひこのベースの音を聴いてみてください!」

詳細はこちら>>


草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • 本牛革ケースのご紹介♪(その1)
  • 本牛革ケースのご紹介♪(その2)
  • 本牛革ケースのご紹介♪(その3)
~管楽器の事なら草津Aスクエア店~

管楽器ケースで定評のあるBAMより何と
本牛革を使用したケースが登場!!

本物の牛革の為、2つと同じ模様がありません♪
当店に入荷してきた分には何とツムジがありました。
とっても可愛いBAMのケース。
是非、一度ご覧下さいませ

本体素材:ハイテック(High-Tech)
3種類の異なる樹脂を三層にした素材は、耐衝撃性に優れ、軽量で剛性を併せ持ち楽器への安全性を極めて高くしています。

ケースの合わせ部は、レールによる合わせ構造となっており、ふた側に底側のレールが完全に入り込み、気密性が高く雨水の進入を極力防ぎます。

詳細はこちら>>


OUR FAVORITE GEAR第5回

突撃!隣のバンドマン

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • OUR FAVORITE GEAR第5回(その1)
  • OUR FAVORITE GEAR第5回(その2)
  • OUR FAVORITE GEAR第5回(その3)
第5回 山崎祐輝(Hunchback Vo,G)


メロディーを大事にしつつも、根底には男っぽい骨太なロックを感じさせる3ピースバンド、Hunchback。アグレッシブだが安定感のあるライブで滋賀、京都を中心に活動中。前回の弊社イベント、MUSIC DISCOVERY 2ND STAGEで優勝を勝ち取った実力派バンドです。
OUR FAVORITE GEAR第5回はそのHunchbackのヴォーカル、ギターを担当する山崎祐輝さんの登場です。

まずは使用ギターの紹介から。


FENDER USA ERIC CLAPTON SIGNATURE。ブラッキーですね。製造年はわからないんですが、2000年以前のレースセンサー・ピックアップが付いてるやつです。2000年以降のクラプトン・モデルはピックアップが変わるので。このレースセンサーが付いてるやつがどうしても欲しくて探し回りました」


レースセンサー・ピックアップは低ノイズがウリのピックアップ。このクラプトン・モデルに搭載されて一躍有名に。ポールピースの無い見た目も特徴的。

詳細はこちら>>


OUR FAVORITE GEAR第4回

突撃!隣のミュージシャン

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • OUR FAVORITE GEAR第4回(その1)
  • OUR FAVORITE GEAR第4回(その2)
  • OUR FAVORITE GEAR第4回(その3)
第4回 奏菜

クリアに、ささやくような歌声で滋賀・京都を中心にライブ活動を行ってるシンガーソングライター、奏菜さん。
そのライブは、優しく柔らかく少し儚げなご本人のイメージが、日常と非日常を行ったり来たりするような楽曲と相まって不思議な世界を醸し出しています。
また最近では、音楽以外にもインターネットテレビのレポーターやラジオ出演等、マルチに活動されてます。
インタビュー中は雑談を挟みつつも終始笑顔で対応してしていただき、外は大雪でしたが暖かく和やかな雰囲気で話は進みました。


弾き語りではアコースティックギターとピアノ、キーボードを使用。楽器は曲の雰囲気や会場の雰囲気によって使い分けるとのこと。


使用ギターはYAMAHA LL16


「セールだったんかな?人伝いに紹介してもらってこのギターを買いました。まず見た目が気に入ったのと・・・、あとは・・・、フィーリング(笑)。もう4年くらい使ってるのでしっくりきます」

詳細はこちら>>


OUR FAVORITE GEAR第3回

突撃!隣のバンドマン

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • OUR FAVORITE GEAR第3回(その1)
  • OUR FAVORITE GEAR第3回(その2)
  • OUR FAVORITE GEAR第3回(その3)
第三回 サカイヨシキ (CHANIWA、Coquetish、SxTxExLxS)

「ベースとは人と自分を繋ぐコミュニケーションツール」

東京を中心に90年代から活動する、USスタイルハードコアパンクの老舗CHANIWA、同じく90年代から活動するスカパンク・ハードコアの雄Coquetish、CHANIWAのメンバーを中心としたモンスター覆面メタルコアバンドSxTxExLxS。どのバンドも一筋縄ではいかない個性的なバンド。その低音を支えるのは数々の名バンドで活動してきた歴戦の猛者、サカイヨシキさん。
フェイバリットに、
「Adam yauch(Beastie boys) ・Matt Freeman(Rancid,Operation Ivy) ・Taiji(X) ・Robert Trujillo(Metallica,Infectious Grooves,Suicidal Tendencies) ・Clifford Lee Burton(ex Metallica) ・Mike Dirnt(Green day) ・Flea(Red Hot Chili Peppers)・松井常松(BOØWY) 」
などを挙げるクロスオーバー・スタイルのベーシストである。

詳細はこちら>>


OUR FAVORITE GEAR 第2回

突撃!隣のミュージシャン

草津A・SQUARE/ミュージックサロン草津A・SQUARE

  • OUR FAVORITE GEAR 第2回(その1)
  • OUR FAVORITE GEAR 第2回(その2)
  • OUR FAVORITE GEAR 第2回(その3)
第二回 町屋菊一 (THE OSAKA BULLS、幽)

身近なミュージシャンの使用機材を紹介するこのコーナー、第二回目は町屋菊一さん。
ソロとして弾き語りでの活動を中心にしつつも、怪談の朗読、パンクバンド・THE OSAKA BULLS(ドラム)、アングラ舞踏ユニット・幽(かすか)への参加と、幅広く活動されております。

独特の世界を持った歌詞を、どこか70年代風の情緒を感じさせる曲に乗せて唄う弾き語りでは、先日開催された弊社イベント『ミュージックディスカバリー2ndステージ』でヤマハ特別賞をされました。
その弾き語りの時の相棒はエレクトリック・アコースティック・ギターMORRIS R-601 SBK

「以前使ってたギターが壊れた時に草津のJEUGIAでこれを買いました。2年くらい使ってます。僕はあんまりギターにこだわりがないんですが、色と深みのある音が気に入ってます。ネックも握りやすくて良いです」

ギターの黒いボディには、彼の敬愛する天井桟敷や真島昌利等のステッカーや切り抜きが貼られ存在感を主張している。

詳細はこちら>>