• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • 吸収合併及び商号変更のお知らせ
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

初めての人のための楽器解説詳細

アンプ・エフェクター

エレキギターやベースから出てくる歪んだ音やクリーンな音等はこのアンプやエフェクターを通して出てきます。選び方で音のキャラクターがまったく変わってきます。

アンプの構造

アンプの構造はギターからの信号をコントロールし、音色を調整する「プリアンプ」と音を増幅する「パワーアンプ」そしてその信号を音に出すスピーカー部の3種類で構成されます。

アンプの種類

アンプには「コンボタイプ」と「スタックタイプ」の2つが中心となっております。


コンボタイプ
プリアンプとパワーアンプ、スピーカーの3種類が一体となったものがコンボタイプです。

スタックタイプ
プリアンプとパワーアンプをまとめたアンプヘッドとスピーカーの2種類からなるものがスタックタイプです。大音量で鳴らすと「箱鳴り」と呼ばれるスピーカー自体が共鳴して音を出す現象が起こり、独特の音の表現する事もできます。

アンプの各部の名称

エレキギターも様々な部品で構成されています。知っておくとっても便利!
代表的なストラトタイプで説明いたします。(ギターによって異なる部分があります)

●ボリューム

全体の音を調節します。

●ゲイン

歪みの深さを調節します。これによって「ディストーション」という効果が生まれます。

●トーン

高音域・中音域・低音域をここで調節します。音質をここで調整します。

エフェクター

アンプについているディストーション効果やリバーブ効果、コーラス効果などを独立させた音響機器をエフェクターといいます。
足を使って操作するペダルタイプやケースなどに入れて使用するラックマウントタイプなど こちらもいろいろな種類があります。
さらに一台で複数の効果を使用できるマルチエフェクターなどもあり、用途に合わせて選んでいただけます。