• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

初めての人のための楽器解説詳細

コントラバス

オーケストラ等でひと際大きな弦楽器がコントラバス。人の体長を超える位の大きな楽器でどうやって弾いて、どんな音がでるのだろう?と思う人もいるかもしれませんね。
そんなコントラバスをご紹介します。

調弦

ヴァイオリンやチェロのように5度間隔ではなく、低い弦からE-A-D-Gとギターの低音源の4本と同様の4度間隔です。

演奏法

ヴァイオリンと同じく弓を使って演奏します。
コントラバスの弓はジャーマン・ボウとフレンチ・ボウの2種類あり、一般的に日本ではジャーマン・ボウを使うことが多い。

弓の種類と弓の持ち方は、2種類あります。右手の手のひらを上にして持つ「ドイツ式」と、ヴァイオリンやチェロなどと同じように手の甲を上にして持つ「フランス式」とがあります。

日本ではドイツ式が広く用いられています。その理由は、日本で最初にチェコに留学した演奏家がドイツ式を学び弟子達を通して広めたからだと言われています。

左手は親指で楽器を支え、親指以外の4本の指で弦を押さえます。

コントラバスは調節可能な脚(エンドピン)で床に立てられ、演奏時は楽器の胴と奏者の左膝で支えます。

オーケストラでは、ほとんどがコントラバス専用の高い椅子に座って演奏します。