• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • 吸収合併及び商号変更のお知らせ
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

初めての人のための楽器解説詳細

ウクレレ

その響きだけで常夏の雰囲気が味わえるウクレレ。ハワイアンだけではなくポップスやボサノバでも使われる事が多くまた手軽に演奏ができるので大ブームになった事も記憶に新しいところです。
ここではそのウクレレを紹介いたします。

ウクレレの種類

ウクレレには主に大きさや音の高さによって、4種類に分かれます。
小さなものからソプラノ、コンサート、テナー、バリトンとなります。
バリトンギターになると大きさは通常のギターと同じくらいになってきます。
一般的にウクレレといわれるものは「ソプラノ」モデルです。
始める場合はこのソプラノをお選び下さい。

ウクレレの材質

一般的には柔らかい音がするマホガニー材、ウクレレ独自の乾いた音が特徴のハワイアンコア材が使われております。

ウクレレの各部名称

ウクレレもギター同様多くのパーツから成り立っております。


ヘッド部

●ペグ

糸巻きです。これを弦を緩めたり締めたりする事でチューニングできます。

●ナット

弦を支える重要なパーツです。

●ネック

太さ、形状などさまざま。中に鉄の棒が通っていて反った場合に直す事ができます。

●指板

茶色いローズウッド、白いメイプルなどがあります。

●フレット

音程を作る仕切りです。

●弦

クラシックギターと同じナイロン弦4本で構成されております。


ボディ部

●サウンドホール

音を響かせるためにあけられた穴です。

●ブリッジ

弦を固定する部品です。