• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

エレキギター:お知らせ一覧

▼21~30件を表示/全64件

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • ハーモニクス・スクウィール 【スタッフが語る】(その1)
  • ハーモニクス・スクウィール 【スタッフが語る】(その2)
こんにちは、JEUGIA三条本店stageのミヤグチです。

本日の「スタッフが語る」テーマは、「ハーモニクス・スクウィール(あえて略すとしたらH.S.でしょうか)」です。
これは、数あるハーモニクス奏法の中でも、最もワイルドで、クールなこの奏法。
今回語らせていただけること、非常にワクワクしております。

まず、音楽や楽器をあまり知らない方が、
エレキギターの音色をカタカナで表すと
どうなるでしょうか。

だいたいが、
ギュイーーーーーーーン
とかになると思います。

詳細はこちら>>


Bacchus BTE-TE【レビュー】

今更とか言わないで!

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Bacchus BTE-TE【レビュー】
先日再入荷しました、Bacchus BTE-TEをレビューします!

昨年より発売しており、見た目のインパクトと価格の安さから当店でも人気のテレキャスタータイプですね。

ギターをあまりされてない方からすると、この茶色一色のどこにインパクトがあるんだ?とお思いでしょう。

こちらはオールローズテレキャスターという、現在では製造することすらほとんど叶わない、伝説的なギターがあります。

ローズウッドという木材はギターの指板やアコースティックギターの横板、裏板に用いられる定番の木材なのですが、あまり大きなサイズで採れるものではありません。

しかし、The Beatlesのジョージハリスンが1969年1月にイギリス・ロンドンで行われたルーフトップ・コンサートなどでボディ、ネック、指板全てがローズウッドで出来たテレキャスターを使用しました。

これにより爆発的な人気を得たオールローズテレキャスターですが、近年はローズウッドは輸出入の規制対象になったり、そもそもボディのサイズに使えるほどのローズウッドが採れなかったりと、作られたとしてもかなり高額になっていました。

詳細はこちら>>


イオンモール久御山店/ミュージックサロン久御山

  • 【くみブロ31】便利!LINE 6 VARIAX
「便利なギター」

突然ですが、私が愛用している便利なギターを紹介します。
マルチエフェクターで有名なLINE6と、ギターメーカーのYAMAHAやJames Tylerの技術が合わさって生まれた、その名はVariax(ヴァリアックス)!!!

「59年のストラト」「59年のレスポール」「60年のテレキャス」..
数々の伝説的なギターの音を内蔵し、ダイヤル一回しでチューニングは自由自在。
というのが、Variaxギター特徴です。

残念ながら59年のストラトを弾いた事が無いので、忠実に再現されているか?という質問には答えられませんが、非常に便利なギターなので気に入って使っています。

例えば。

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • VOX Amp Meeting 2018レポート(その1)
  • VOX Amp Meeting 2018レポート(その2)
2018年07月10日(火)、大阪心斎橋にて開催されました!
VOX Amp Meeting 2018に参加してきましたー!

会場にはNutube搭載の新製品であるMVX150や!
MV50シリーズの新作、Mini Super Beetleの姿が!

ミーティングではVOXの歴史や、そもそもNutubeの説明から始まりました!


アンプメーカーのV
(ox)F(ender)M(arshall)……
それぞれが三本の源流となって現在の様々なアンプがいるのです!

詳細はこちら>>


ハーモニクス【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • ハーモニクス【スタッフが語る】(その1)
  • ハーモニクス【スタッフが語る】(その2)
はじめまして、JEUGIA三条本店STAGEのミヤグチです。

本日の「スタッフ」が語る テーマは、ずばり「HarmonyX
です。

失礼しました、少しかっこよく書きすぎましたね。

ハーモニクスです!



そうです。
ちょっと昔のギタリストがチューニングのときに使う(おっさん呼ばわりしてるわけじゃないです)
ポーンという擬音で表せそうな、あの音です。
オシャレですね。

詳細はこちら>>


イオンモール久御山店/ミュージックサロン久御山

  • 【くみブロ14】ブーバ・キキ効果(その1)
  • 【くみブロ14】ブーバ・キキ効果(その2)
  • 【くみブロ14】ブーバ・キキ効果(その3)
ブーバ・キキ効果という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

ページ上部に載せているとげとげの図形と曲線の図形を提示し、「どちらがブーバで、どちらがキキという名前だと思いますか?」と質問すると、国籍、年齢、老若男女問わず実に9割の人がとげとげの図形を「キキ」、曲線の図形を「ブーバ」と答えるのです。

これこそがブーバ・キキ効果。つまり「音の響き」と「物体の形状」はある一定の関係性があるわけです。

わたしは大学時代、この効果について研究していまして、ポケモンの画像をポケモンを知らない人に見せて「どちらがバンギラスでどちらがモルフォンでしょう」みたいな事を毎日やってました。
やはり数をこなせばこなすだけ偏りが出てきて非常に面白かったのを覚えています。

これってもしかしてギターにも言えることなんでしょうかね…

もはや私は毎日触れすぎて感覚が麻痺してますけど、ギターの画像を2つ見せて「どちらがレスポールでどちらがストラトキャスターでしょうか?」と聞いたらどうなるのか…?

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Fender Custom Shop VINTAGE CUSTOM 1959 STRAT JOURNEYMAN RELIC FADED/AGED LAKE PLACID BLUE【レビュー】
2018年6月某日に開催されましたFenderディーラーミーティングにて行われました、Custom Shop商談会にてJEUGIA三条本店stageも良いの仕入れました!

それが最初の画像にあります


Fender Custom Shop VINTAGE CUSTOM 1959 STRAT
JOURNEYMAN RELIC FADED/AGED LAKE PLACID BLUE



な、なんて長い名前なんだ……!
早口で言えと言われたらまず私には不可能な名前!

詳細はこちら>>


Fender The JAZZ-TELE【レビュー】

【異世界転生もの】

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Fender The JAZZ-TELE【レビュー】
JAZZ MASTER

×

TELECASTER


ギターのみならず、楽器好きな方にとっては見逃すことの出来ない祭典、NAMM2018にてFender社より発表されたシリーズ


Parallel Universe

~異世界~


詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Fender Limited Edition 60th Anniversary '58 Jazzmaster®【レビュー】


JAZZ MASTER


私がこの世で一番洒脱で格好良いと思うエレキギター、それがジャズマスターです。
立っても座っても弾き易いボディシェイプに出力の強めで艶のあるピックアップ。

緩やかな利きのアームに3ウェイピックアップセレクターの使い勝手の良さ。

最高のエレキギターですよね(偏見)
(ブリッジ、サドルの事には触れないのが優しさです……)


そんな最高のジャズマスターですが2018年に生誕60周年を迎えました!
めでたい!!!

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Headway HUS-SAKURA/40th【レビュー】

3月も終わりに差し掛かりコートを着て外出すると少し暑いほどですね。

私事ながら昨日は蹴上のインクラインあたりに出かけておりまして桜がもうそれはそれは満開でした!

目で見て美しく、花粉で鼻は大変なことになり、目は痒く……
完全に春を感じている次第でございます。

そんな春にぴったりな楽器をご紹介します!



Headway HUS-SAKURA/40th



ウクレレ?夏の楽器じゃね?

詳細はこちら>>