• JEUGIA オリジナルレッスン
  • PSTA
  • Jet
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • 120周年サイトバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

お知らせ

ヤマハ 大人の音楽レッスン

【スタッフブログ57】本日のあなだ

その57 かわいい大分弁講座

ミュージックサロン三条(三条本店)

  • 【スタッフブログ57】本日のあなだ(その1)
昨日、生徒さんで同郷(大分県)出身の方がいらっしゃって
大分弁を話されたときに、なんだかこそばゆい思いをしました。

大分弁、なんか恥ずかしいんですよね。
なので私はこっち(京都)に来てからは
大分弁を封印しています。(^q^)

とはいえ、生まれたときから
育ってきた言語はなかなかとれないものです。

今日は、わたしがこっち(京都)に来てから
指摘された「大分弁」をご紹介します。


◆~やけん

やっぱり、これですよね。
ついつい言ってしまいます。
標準語で言う所の「~だから」という意味です。
基本的に大分県民は語尾が「~けん」です。
「~しなければならない」
「~せんといけん」です。
関西弁だと「せなあかん」とかなのかな?

◆~っち/ちゅ/ちょ
大分県民は上記3つをよく発音します。
わたしは恥ずかしいので京都では使わないようにしています。
「あなださんが、楽しいって言ってたよ」
「あなださんが楽しいっち言っちょったよ」になります。

応用編(誰得)

「あなださんがユニバに行きたいって言ってたらか
今度行かないといけないんだよね」

一度みなさん大分県民になったつもりで
変換してみて下さい。

答えはこうです↓


「あなださんがユニバに行きたいっち言っちょったけん
今度行かんといけんのよね」

でした。

「~やけん」は可愛いと好評ですが
わたしは使いませんけどね。


これからも関西の女として生きていくんやで!


「本日のあなだ」次回は
「かわいい大分弁講座 第2回 単語編」です。
お楽しみに!

今日も読んでくれてありがとうございました。
明日は「くるっぴ」が更新しまーす。

まとめも良かったら見て下さい♪↓