• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • 120周年左カラムバナー_8月
  • YMM左カラムバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

お知らせ詳細

ハーモニクス・スクウィール 【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage

  • ハーモニクス・スクウィール 【スタッフが語る】(その1)
  • ハーモニクス・スクウィール 【スタッフが語る】(その2)
こんにちは、JEUGIA三条本店stageのミヤグチです。

本日の「スタッフが語る」テーマは、「ハーモニクス・スクウィール(あえて略すとしたらH.S.でしょうか)」です。
これは、数あるハーモニクス奏法の中でも、最もワイルドで、クールなこの奏法。
今回語らせていただけること、非常にワクワクしております。

まず、音楽や楽器をあまり知らない方が、
エレキギターの音色をカタカナで表すと
どうなるでしょうか。

だいたいが、
ギュイーーーーーーーン
とかになると思います。

そう!!
ハーモニクス・スクウィールは、これに非常に近い音が出せるのです!
フゥ~~~~~~

最高かよ。

しかも、なんとやり方も超カンタンなんです。

エレキギターのアームを
少し下げた状態で、ハーモニクスを出し、
そのままグイっと、最大限アームアップするだけです!!

それだけで、
ギュイーーーーーーーンっと、
ともすればジェット機のエンジン音のような
ハイテンションサウンドが奏でられます。

最 高 か よ !

コツというか条件は
まずそもそもアームのついていないギターではできないということ、
それから、できるだけアームの稼動域の大きいギターを
使用することです!

これだけは絶対ですね。
そうすれば、あとはそこまで苦労せずに
楽しんでいただけると思います。

しかし、
個人的にもうひとつポイントを挙げさせていただけるのであれば、

この奏法は、どんなキーの時でも
比較的音程を気にすることなく
ワイルドに
グイっとやってしまって構わないのですが、

「リズムに乗ること!」

これが意外と大事なんです。

それだけで、
曲の中で、一気にこの奏法が
しまって聴こえ、
とってもクールになりますよ。

ぜひ、試していただきたい
ワンポイントアドバイスでした。