楽譜

  • 楽譜ランド
  • YMM左カラムバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 120周年左カラムバナー2019
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

楽譜

お知らせ詳細

ディズニー映画を彩る音楽【スタッフが語る】

スタッフが語る〇〇シリーズ

三条本店楽譜・鍵盤フロア

  • ディズニー映画を彩る音楽【スタッフが語る】(その1)
 誰もが1度はどこかで見たことのあるディズニー映画。そんなディズニー映画を彩る音楽を少しご紹介したいと思います。
ご存知ミッキーマウスが初めて登場した1928年の映画「蒸気船ウィリー」では、日本でも有名な「わらの中の七面鳥」が使われました。ミッキーが身の回りにあった様々なものを使って音楽を奏でるシーンは、今から約80年前のものとは思えないほどのアニメーションとともに今でも語り継がれる名シーンです。
また、1940年には「ピノキオ」の楽曲「星に願いを」でディズニー映画として初めてアカデミー歌曲賞を受賞しました。この曲も誰しも1度は聴いたことのある美しい曲です。
そんなディズニー音楽を支えた作曲家として、シャーマン兄弟とアラン・メンケンがとても有名です。
シャーマン兄弟は「メリー・ポピンズ」以降多くのディズニー作品に関わり、ウォルト・ディズニーの存命中にもっとも活躍したディズニー映画の作曲家ともいえます。映画だけでなく、ディズニーランドの音楽も手掛けたことで有名です。
アラン・メンケンは1989年公開の「リトル・マーメイド」で初めてディズニー作品を手掛け、以降長きにわたりディズニー映画の音楽を支えてきた作曲家です。2017年に実写映画が公開された「美女と野獣」の音楽は、1991年のアニメ映画公開時にアカデミー作曲賞・歌曲賞を受賞しています。アラン・メンケンの音楽はなんといってもバランスのとれた音楽。映画の情景にマッチし、観ている人をその世界に引き込みます。
そして、2014年に社会現象を巻き起こした「アナと雪の女王」の主題歌「レット・イット・ゴー」。クリスティン・ロペスとロバート・ロペス夫妻が作詞作曲しました。歌唱にはミュージカル「ウィケッド(ウィキッド)」でエルファバ役を演じ人気を博した、イディナ・メンゼルさん、日本語吹き替えは女優の松たか子さんが担当しました。自分自身を縛り付けていた性格や能力を、自分の中で肯定し、新しい一歩を踏み出すシーンにマッチする音楽は多くの共感を呼びました。
力強い歌詞、そして曲が進むにつれて壮大になる音楽は、エルサの心境の変化を映し出し、人々の共感を呼びました。
これらの音楽に共通していることは、ディズニー映画において音楽は非常に重要な要素です。
ディズニーアニメーションの映画の多くは、セリフや情景などを音楽で表現されているミュージカル映画です。
冒険、魔法、アクション、ロマンス・・・たくさんのシーンで歌や音楽が効果的に使われ、それらのシーンが音楽と共に記憶に残ることも多々あります。
そのためより人々の心に深く印象づき、名曲として現在まで歌いつがれる曲が多いのかもしれません。
ディズニー映画を観られる際はぜひ音楽にも耳を深く傾けていただきたく思います。今後の作品から新たな名曲が生まれるかも?!


(三条本店楽譜フロアスタッフ 梅田)