楽譜

  • 楽譜ランド
  • 三条本店左カラムバナー
  • スタジオ・練習室レンタル
  • 楽器修理
  • 楽器_買取・下取り
  • 京都ピアノコンクール情報
  • 法人窓口
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • ベーゼンドルファー正規ディーラー
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • 京都サンガバナー
  • 採用情報バナー(経営管理部)

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

楽譜

お知らせ一覧

▼41~50件を表示/全62件

1970年代のアニメ主題歌(少し長いです…)

スタッフTKのおすすめ 2020.9.22 Vol.41

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

 今回はこの度のコロナ過での自粛期間中、部屋の片づけで出てきた大学での講義『1970年代のポピュラー音楽について』のレポートです。私はこの時代の洋楽や歌謡曲には詳しくなかったので、アニソンについてまとめて提出しました。(評価は覚えていません)
 文体などでおかしな部分は直して、新たにコメントした個所は(令和注:)としています。(OPはオープニング・テーマ、EDはエンディング・テーマの略です。おそらく1989年頃?に受けた講義です)

           ・1970年代のアニメ主題歌
 1983年の夏から放送されたアニメ「キャッツ・アイ」の主題歌が歌謡ベストテン番組で1位となったことにより、その後のアニメ主題歌のあり方が変わったと言われるが、70年代のアニメ主題歌(以下『アニソン』と略)はどうだったのか、年ごとに放送された主なアニメとその主題歌について、説明していきます。

  1970年(昭和45年)
 この年はスポーツ物のアニメが多く放送された年でした。一昨年から放送中の「巨人の星」、昨年から放送中の「タイガーマスク」と「アタックNo.1」、そしてこの年は「あしたのジョー」「男どアホウ!甲子園」「いなかっぺ大将」等のスポーツアニメ(いなかっぺ大将はギャグタッチだが)がありました。アニソンとしては、最初の4作品と「いなかっぺ大将」の「大ちゃん数え唄」(令和注:歌手は天童よしみ)が知られています。他のジャンルでは、昨年から放送中の「ひみつのアッコちゃん」「ハクション大魔王」「ムーミン」「サザエさん」、この年の作品は「みなしごハッチ」がありました。この中で「ムーミン」の主題歌は昭和45年度の日本レコード大賞の童謡部門を受賞しました。

詳細はこちら>>


ビデオ・ゲーム・ミュージックについて(その2)

スタッフTKのおすすめ 2020.8.1 Vol.40

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

 1984年、ゲーム音楽のアルバムとして世界初のリリースとなった『ビデオ・ゲーム・ミュージック』(以下「VGM」と略)。前回の続きでこのアルバムのキモでもある細野晴臣氏アレンジによる2曲の解説です。
 まずこれ以外の8曲は基本的にゲーム音楽を効果音も含めて、直接ゲーム機体(筐体)から収録したものでしたが、「ゼビウス」(1983年)と「ギャラガ」(1981年)は、細野氏のアレンジにより、演奏の通りのプレイは不可能な内容となっています。またアレンジといっても現在のゲーム音楽CDのボーナストラックに収録されるオーケストラアレンジやピアノソロなどとは違い、ゲームに使われるサウンドや効果音を使ったアレンジです。
 それではこのアルバムの1曲目、当時はLPレコードだったのでA面に針を落とすとまず聴こえてくるのが、ゲームセンター内の喧騒、そしてゼビウスのクレジット音、ゲームスタートの音楽、プレイ中の音が、ゲームセンター内の周りの音と一緒に聴こえてきます。これは実際に都内のゲームセンターで収録されたもので、ゼビウス以外にも「ギャラガ」や「ポールポジション」そして他社のゲームですが、任天堂の「マリオブラザーズ」他のゲーム音やBGM、さらになんと『おーい、ごめんください!』というゲームセンターに営業(?)に来た男性の声まで聞こえます(曲が始まって約27秒後)。

詳細はこちら>>


ビデオ・ゲーム・ミュージックについて(その1)

スタッフTKのおすすめ 2020.7.15 Vol.39

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

 月刊エレクトーン2020年2月号のゲーム音楽特集 その序文にアルバム『ビデオ・ゲーム・ミュージック』(以下「VGM」と略)について触れられていました。そこで今回はこのアルバムや1980年代前半のゲーム音楽について書いていきます。
 まず最初にこのアルバム「VGM」(当時はLPレコードで発売)は、ファミコン(任天堂の家庭用ゲーム機 ファミリーコンピュータ)の音源ではありません。ゲームセンターに置かれていたナムコ(現バンダイナムコ)のアーケード(業務用)ゲームの音源を収録したものです。1980年代のナムコは次々と人気作や話題作を世に送り出していたゲーム会社で、この「VGM」はYMOの細野晴臣氏プロデュースにより1984年にリリースされました。ちなみにファミコンの発売が1983年(この翌年から「ナムコット」レーベルとして、数々のナムコ作品がファミコン用ソフトとして発売されます)、そして多くの人がゲーム音楽として聞き覚えのあるスーパーマリオブラザーズの第1作は1985年、ドラゴンクエストの第1作は1986年の発売です。つまり「VGM」にはファミコン最初期以前1980~83年にかけて発売された10タイトルのゲーム音楽が収録され、おもに以下の4つに分類されます。
 A.単にプレイ中の音を収録したもの(パックマン、ディグダグ、ニューラリーX)

詳細はこちら>>


ブラス・ファンタジー

スタッフTKのおすすめ 2020.6.30 Vol.38

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

 コロナの影響によりAスクエア全館休業中で自宅待機していた間、私はひたすら部屋の掃除をしていました。床が見えるほどの片付けをして、ずっと探していたCDやDVD、書籍などが沢山出てきました。その中から以前からオススメとして取り上げたかった作品を紹介します。今回はCDです。タイトルは、
「美少女戦士セーラームーン」ブラスファンタジー 品番:FMCC-5040
1994年9月リリースで、残念ながらすでに製造中止となっている1枚です。息の長いシリーズのうち、「S」が始まった頃に発売されました。私はセーラームーンは見てなかったのですが(セラムンの前番組で同じ『なかよし』連載の「きんぎょ注意報!」(BGMは神曲が豊富で必聴です)の方が好きでした)、“ブラスファンタジー”というタイトルに「ムーンライト伝説」や「タキシード・ミラージュ」などが吹奏楽、あるいは金管アンサンブル用に編曲されたCDだと思って購入しました。・・・が、聴いてビックリ、内容はなんとホーン・セクション バリバリのブラス・ロックやラテン・アレンジ、ディスコ調やジャジーな雰囲気などの、とにかくカッコいいアレンジ・アルバムだったのです。

詳細はこちら>>


2019.8月のおススメ楽譜情報~新刊楽譜続々入荷中です~

♪今店頭展開で特集している話題の楽譜や新刊等の情報をご紹介致します♪

イオンモール久御山店/ミュージックサロン久御山

  • 2019.8月のおススメ楽譜情報~新刊楽譜続々入荷中です~(その1)
  • 2019.8月のおススメ楽譜情報~新刊楽譜続々入荷中です~(その2)
この夏おススメの映画のピアノ楽譜が続々入荷中です♪


■RADWIMPS 天気の子

○YMM ピアノミニアルバム \1,000+tax
○YMM ミニギター弾き語り譜 ¥1,000+tax

新海誠監督の映画には今や欠かせなくなっているRADWIMPSの楽曲、私は2回映画館で見ました!!


■今宵は気軽にクラシックなんていかがですか?

○学研 \1,000+tax

夏休み、家で涼しくクラシックに浸る一晩はいかがですか?オーケストラを聴いたこと・見たこと無い方におススメのこの本!!オーケストラのオの字から教えてくれますし、楽器の事も教えてくれます。付属のCDを聴いてもいいし、QRコードを読み取って有名な35曲を一気に聴くことも出来ます!

詳細はこちら>>


イオンモール久御山店/ミュージックサロン久御山

  • 【くみブロ90】エリーゼ(その1)
  • 【くみブロ90】エリーゼ(その2)
家の楽譜を整理していたら『エリーゼ』が出てきました。
チョコクリームとホワイトクリームをウエハースで包んだの2つの味が楽しめるお菓子のことではありません。


店頭のピアノで毎日何十回と試弾される
ベートーヴェンの『エリーゼのために』です。
ボロボロの古いピアノピースで、後ろを見ると


なんと! 『定価 35円』
現代では540円(税込)…。

たぶんチロルチョコ(3つ山)が10円の時代のものでしょうね。
店頭では全音ピアノピースは番号順にファイリングされています。
No.1 月光の曲~No.580 ねこふんじゃった即興曲までクラシックの名曲が揃っています。

詳細はこちら>>


読書感想文?自由研究? 音楽の学習マンガ・伝記集めました♪

夏休み、おもしろくて、わかりやすくて、かんどうする

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • 読書感想文?自由研究? 音楽の学習マンガ・伝記集めました♪
夏休みに、お子様たちが楽しく音楽のことを学べるように
学習マンガ、伝記を集めてみました♪

音楽史を学ぶとっておきの方法。
それは、勉強の嫌いな当店のスタッフにお申し付けください。

名探偵コナン、ドラえもん、マンガで描いたベートーヴェンや音楽家たち。
どれも楽しみながら学ぶにはとっておきの1冊です。

音楽のことだから、本格的に学びましょう。
でも、その入口は楽しめないとなかなか入りづらいかと思います。

8月は夏休みのお子様たちに
本物に親しむきっかけになれば、、、と、

詳細はこちら>>


モーツァルトの断片に何を読む

楽譜スタッフ キータムラ

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • モーツァルトの断片に何を読む(その1)
  • モーツァルトの断片に何を読む(その2)
今回紹介する「フラグメント」とは曲名ではありません。この言葉は“断片”や“未完の”という意味で、モーツァルトは数多くの作品を“完成させて”後世に残した一方、何らかの理由で作曲を中断、あるいは放置されたものが少なからず存在します。その中でも有名なのが、映画「アマデウス」で取上げられたレクイエムですが、これはモーツァルトの死によって未完に終わったので、今回紹介するフラグメント作品とは少し意味合いが違います。
 例えば、1789年の春、モーツァルトはある人物から作品の依頼を受けます。その内容は「私の娘のためにやさしく弾けるピアノソナタを6曲作ってほしい」というものでした。もしかしたら、この依頼人は前の年モーツァルトが作曲した、ソナチネアルバムにも載っているハ長調K.545のソナタを知っていて依頼したのかも知れません。     
モーツァルトはこの依頼に応えようと作曲したのか、数小節で中断しているものが何曲か残っています。それらはどれも初見で弾ける簡単なものばかりですが、結局モーツァルトは“やさしい”ソナタを1曲も完成させることは出来ませんでした。
 しかし、その後モーツァルトは自身最後となるピアノソナタを1曲書き上げています。それがニ長調K.576のソナタです。この曲は依頼の“やさしい曲”への反動なのか、モーツァルトのピアノ作品の中でももっとも難しい曲となっています。

詳細はこちら>>


意外とあります!!

音楽系月刊誌♪

彦根店/ミュージックセンター彦根

  • 音楽系月刊誌♪(その1)
定番の月刊誌を取り揃えました!! 
ピアノ等の鍵盤系から吹奏楽、LM系の各楽器、歌謡曲までジャンルはいろいろ。
定期購読もO.K.

~取り扱い一覧~
 ♪月間エレクトーン  ♪月間ピアノ 
 ♪ムジカノーヴァ ♪ショパン 
 ♪THE FLUTE  ♪音楽の友
 ♪Sax World  ♪PIPERS
 ♪レコード芸術  ♪教育音楽 

詳細はこちら>>


彦根店/ミュージックセンター彦根

  • ピティナピアノコンペティション2018(その1)
ピティナピアノコンペティション2018
参加要項・課題曲CD・アナリーゼ・課題曲楽譜
入荷しました!!



東音企画 第42回 ピティナピアノコンペティション参加要項 ¥977(税込)
東音企画 第42回 ピティナピアノコンペティション課題曲CD1 ¥3,087(税込)
東音企画 第42回 ピティナピアノコンペティション課題曲CD2 ¥3,087(税込)
東音企画 第42回 ピティナピアノコンペティション課題曲アナリーゼ Vol.1 ¥2,160(税込)
東音企画 第42回 ピティナピアノコンペティション課題曲アナリーゼ Vol.2 ¥2,160(税込)

詳細はこちら>>