地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

おすすめ情報・お知らせ詳細

スタッフが語る 『ブリッジミュート』

三条本店stage

  • スタッフが語る 『ブリッジミュート』(その1)
  • スタッフが語る 『ブリッジミュート』(その2)
こんにちは、JEUGIA三条本店stageのミヤグチです。

本日の「スタッフが語る」テーマは、「ブリッジミュート」です。
エレキギターの奏法の中でも、特に迫力があり、
登場機会も多いこの奏法、実はとってもおくが深いんです。
そのほんの入り口ですが、ご紹介したいと思います。

もちろん、皆さんがご存知のとおり、
ブリッジミュート奏法とは、
ピックを持った右手の手のひらをギターの弦が張ってある
ブリッジの部分に当てて、音の伸びを止めて弾く奏法です。

これが、なんとも低音が強調されてカッコいい音が出るので、
世の中のエレキギターが使われている曲には、ほとんど出てきます。

しかし、もちろん難しい部分もありまして。。。

ダウンピッキングでしかできないというのがあります。
もちろん、世の中にはアップピッキングだけで
ブリッジミュートを弾く人もいますし、
オルタネイトで、やることもできるそうです。
でも、同じ音は決して出ない。
それがダウンピッキング?ブリッジミュートなのです。

これを解決するためには、
筋肉を鍛えて、練習する!
それだけです。

本日は、ミヤグチがお送りしました。