• CD・DVDメールマガジン
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

お知らせ詳細

スタッフが語る【ひきこもりたちでもフェスがしたい!】

JEUGIAスタッフが語る〇〇〇【三条本店CD/DVDフロア】

三条本店CD・DVDフロア

スタッフが語る【ひきこもりたちでもフェスがしたい!】

今回の語ってみたテーマは、6月23日に西武ドームにて開催される歌い手史上最大フェスイベント「ひきこもりたちでもフェスがしたい!」について!

このなんともユニークなタイトルのフェス、内容は全くふざけてません。
歌い手のまふまふさんが主催の、歌い手の歌い手による歌い手好きのための音楽フェス!通称ひきフェス。出演者は毎回変更されていき、3回目となる今回は史上最大の14名が参加することが決まりました。

今回の主演者はAfter the Rainのまふまふ・そらる、浦島坂田船のうらたぬき・となりの坂田・志麻・センラ、天月-あまつき-、佐香智久、あらき、un:c、nqrse、luz、Eve、Souといった、名だたる14人!正直この14人が同じステージで歌うなんて凄すぎて想像つきません。CDを出せばオリコン上位をかっさらっていくつわものたち(しかしひきこもり)が一同に会すこのフェス。チケットも入手困難でなかなか当たりません。というか全く当たりません。すごい。

このフェスの最大の魅力はコラボ!行った人しか見ることが出来ない奇跡の瞬間です。ミラクル・・・。普段は各々で活動していますが、同じステージで歌う事なんてなかなかありません。そのため、毎年このフェスが開催されるかどうかはかなり期待されていて、ファンのモチベーションも左右されたりします。(開催地が遠い人は遠征費も大変だしね・・・。)
しかし、一度見てしまえばしばらくは命が?がるというもの。記憶を反芻してはテンションが上がるの繰り返し。仕事も勉強も怖くない!といった気持ちになれます(あくまでも気持ちです)
それは、ただなんとなくこのフェスが開催されている、というわけではなく、出演者全員が真面目に取り組んでくれていて「せっかく見に来てくれるんだから楽しんで帰ってほしい!」という一つのまふまふさんの思いの元作り上げてくれているからだと思います。出演メンバー誰一人として手を抜くことなく、なんなら「楽しむ準備出来てるよなぁ!?」ぐらいのテンションであおってくれるのでこちらも同じ気持ちでぶつかる、と。つまり凄いことになるという感じです。

普段はひきこもりなのに、ステージに上がるとそんなそぶりは全く見せない。むしろキラキラしすぎて眩しいくらいに見える。メンバーたちの努力と実力の結晶が垣間見えるひきフェス。
今年はチケットが即ソールドアウトしてしまいましたが、歌い手が好きなら一回は必ず見ておきたいイベントです。


(三条本店CDフロアスタッフ 松村)