地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店B1
  • 075-254-3700
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

楽器

お知らせ一覧

▼1~10件を表示/全130件

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • スタッフが語る 『ブリッジミュート』(その1)
  • スタッフが語る 『ブリッジミュート』(その2)
こんにちは、JEUGIA三条本店stageのミヤグチです。

本日の「スタッフが語る」テーマは、「ブリッジミュート」です。
エレキギターの奏法の中でも、特に迫力があり、
登場機会も多いこの奏法、実はとってもおくが深いんです。
そのほんの入り口ですが、ご紹介したいと思います。

もちろん、皆さんがご存知のとおり、
ブリッジミュート奏法とは、
ピックを持った右手の手のひらをギターの弦が張ってある
ブリッジの部分に当てて、音の伸びを止めて弾く奏法です。

これが、なんとも低音が強調されてカッコいい音が出るので、

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • 徳永暁人ベースセミナー「ボンバーベースと麗しきベースの世界」最速スタッフレポート!(その1)
  • 徳永暁人ベースセミナー「ボンバーベースと麗しきベースの世界」最速スタッフレポート!(その2)
実は第二回目となるJEUGIA三条本店での徳永さんイベント。
前回も来たよーというお客さんもかなりいらっしゃいまして、徳永さんも驚かれておりました。

会場も前回に引き続き大満員!
真冬にもかかわらず、すごい熱気でした。

今回のイベントは、「ベースクリニック」ということですが、
いきなりの即興演奏はある意味「クリニックらしくない」ほどの大盛り上がりでした。
ライブでもこんなに近くで見れることなんてないですからね~~
お客さんもとっても楽しそうでした。

そして、お話はいよいよ今回のもう一つの主役
「BB4-109 雅・桜 Gradation」に。

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Badkey エフェクター セミナーライブ【イベントレポート】(その1)
  • Badkey エフェクター セミナーライブ【イベントレポート】(その2)
2019年2月23日(土)にJEUGIA三条本店5F イベントスペース J-SQUAREにて!
Badkey エフェクターのセミナーライブが開催されました。今回はその模様をお届けしようと思います。


 今回お越しいただいたアーティストさんは、名古屋を中心に活動する「レインボー」のカバーバンド、”Rainbow Arrows"さんです。


 なんとメンバーのギタリストuzzyさんはBadkeyエフェクターを製造されているご本人さんです!

 皆さんの足元はギターをはじめ、ベース、キーボードもBadkeyエフェクターをセッティングされており、まさにBadkeyサウンドを感じられるバンドでした。



 それでは実際にライブで使用されていたBadkeyエフェクターをご紹介しましょう。

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Fender American Performer Series【スタッフが語る】(その1)
こんにちは、JEUGIA三条本店stageのミヤグチです。

本日の「スタッフが語る」テーマは、「American Performer」です。
フェンダーが、2019年の新ラインナップとして発表した、アメリカンパフォーマーについて
御紹介したいと思います。

このラインナップのなによりの魅力は「コストパフォーマンス」です。
パフォーマーという名前にピッタリですね。

想定価格で15万円前後と言われるこの価格帯で、
アメリカンシリーズの名前を冠していること自体がとても魅力的ですし、
もちろん完成度やスペックは先代の「American Spacial」にも負けていません。

それでは、具体的なスペックの特徴をご紹介してみましょう。

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • アーティストモデルのあれこれ【スタッフが語る】
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!

皆さん、アーティストモデルについて、どう思いますか!?


例えば、世界で一番有名なアーティストモデルといえば

Gibson LesPaul モデルかと思います。

これはもう、アーティストモデルという枠組みを超えて一つのエレキギターのジャンルになっていますね。
ジャズのみならず、ロック、ブルース、ポップス、ありとあらゆる音楽ジャンルに使える歴史的名作でしょう。

LesPaulのように、超超超メジャーなアーティストモデルもあれば
そのプレイヤー好き以外からすればなんじゃこれは!となってしまうような物まであります!

(ボディシェイプ、柄、機能がぶっ飛んでるもの、良いですよね。)

詳細はこちら>>


BOSS Nextone Artist【レビュー】

×ネクストトーン ○ネクストーン

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • BOSS Nextone Artist【レビュー】

先日発売しました、 BOSS Nextone Artist を早速レビューします!


~メーカーサイトより引用~

BOSS Nextoneは、時代を超えて愛され続ける4つの真空管アンプのサウンドとフィーリングを、BOSS/Rolandの独自の “Tube Logic” をベースにした設計により実現する、次世代のプロフェッショナル・ギター・アンプです。
「心臓部であるアナログのクラスABパワーアンプ・セクションは6V6、6L6、EL84、EL34の4タイプから選択することができ、それぞれ特徴的なキャラクターを余すことなくプレイヤーのサウンドとフィーリングに反映。また、クリーン/リード2つのチャンネルごとに表情豊かなボイシングが可能です。
各パワーアンプ・タイプの選択によってインプットからアウトプットまでの全回路の相互作用が変化。それぞれのタイプ特有のサウンドとレスポンスを追求しました。

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Toshi Nagai ドラムクリニック【イベントレポート】(その1)
  • Toshi Nagai ドラムクリニック【イベントレポート】(その2)
  • Toshi Nagai ドラムクリニック【イベントレポート】(その3)
2018年11月17日(土)にJEUGIA三条本店5F イベントスペース J-SQUAREにて!

Toshi Nagaiさんによるドラムクリニックを開催していただきました!


開場前より多くのファンの方にお待ちいただき、開演はオンタイムの16:30より始まりました!


まず始めにToshi Nagaiさんへの質問コーナー!

開演前に今回お越しいただきましたお客様に質問用紙をお配りしまして、その中から時間の許す限りToshi Nagaiさんに質問に答えていただきました!

本当にスティックの振り方などドラム基礎の基礎に関する質問から、実際にToshi Nagaiさんが今まで競演してきたトップミュージシャンとの音楽における関わり方、様々な質問に実演を交えながら回答していただきました。


印象的だったのは
練習は、上手くなるための練習をしないと意味がない。下手になる練習をしている人がいる。体のどこかが痛くなったり、つらい練習をし続けると、いずれガタが来てしまう

詳細はこちら>>


MODX!!!!【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • MODX!!!!【スタッフが語る】(その1)
  • MODX!!!!【スタッフが語る】(その2)
皆さんついにこの時が来ました!!


何が来たって、


ハイブリットの時代が!!」



勘の良い方はもうお気づきだと思いますが、発売日前夜ということで、今回はこちらの商品をご紹介します。


その名も…………
MODX!!!!!!」

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • ナチュラルハーモニクスだけで、曲が弾きたい【スタッフが語る】(その1)
こんにちは、JEUGIA三条本店stageのミヤグチです。

本日の「スタッフが語る」テーマは、「ハーモニクスだけで曲が弾ける」です。
もちろん、ハーモニクスというのはとても限定された場所でしか鳴らない貴重なものです。
しかし、ハーモニクスに取り憑かれた方なら、こんな願いを抱くかもしれません。

「ハーモニクスだけで、曲が弾きたい」


この願い、叶うのでしょうか。

例えば、BABY METALのライブギタリストとしても知られる「藤岡幹大」氏は
「harmonyX」という曲を作曲されていて、
この曲は全編ハーモニクスとはいかないものの

詳細はこちら>>