音楽講座・セミナーのご案内
京都国際音楽療法センター
京都音楽院
クリエイティブワークショップ 音と動きの教育
JEUGIA カルチャーセンター

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

音楽には、楽しく面白いだけでなく、人の体や心に生理・心理面で影響し、
またグループで行う喜びから社会性の獲得などいろいろな力があります。
こうした働きにより、音楽を体や心の変化などに合わせて使う方法が“音楽療法”です。

音楽療法とは

音楽を聴くこと、歌うこと、あるいは演奏することによって人と人との間で心理的なコミュニケーションを図り、 心身の障害の軽減回復、機能の維持改善などを目指すものです。音楽による心理療法という観点から、病気や障害を持った 人たちと一緒になり歓びを分かち合うことを目指す療法として広がりを見せています。

京都国際音楽療法センターについて

京都国際音楽療法センターでは、音楽療法を求められている施設または個人に音楽療法士を派遣し、 実践することに取り組んでいます。設立当初からアメリカ音楽療法士の第一人者、アラン・ウィッテンバーグ氏の協力のもと、 音楽療法の普及活動を中心にセミナーなどの開催を積極的に行ってまいりました。現在、高齢者施設をはじめ 個人宅など、多数の訪問先で音楽療法を行っています。また、京都音楽院生の勉強の場として、あるいは卒業生の 活動の場を提供し、福祉の領域で“音楽による癒し”を目的とする音楽リクリエーションやサークル指導者、 音楽セラピー・音楽ケアの専門家たちを支援しています。

●京都国際音楽療法センターからのお知らせ

一覧へ