音楽療法センター検索
検索項目

フリーワード
音楽講座・セミナーのご案内
京都国際音楽療法センター
京都音楽院
クリエイティブワークショップ 音と動きの教育
JEUGIA カルチャーセンター

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

音楽には、楽しく面白いだけでなく、人の体や心に生理・心理面で影響し、
またグループで行う喜びから社会性の獲得などいろいろな力があります。
こうした働きにより、音楽を体や心の変化などに合わせて使う方法が“音楽療法”です。

音楽療法とは

音楽を聴くこと、歌うこと、あるいは演奏することによって人と人との間で心理的なコミュニケーションを図り、 心身の障害の軽減回復、機能の維持改善などを目指すものです。音楽による心理療法という観点から、病気や障害を持った 人たちと一緒になり歓びを分かち合うことを目指す療法として広がりを見せています。

京都国際音楽療法センターについて

京都国際音楽療法センターでは、音楽療法を求められている施設または個人に音楽療法士を派遣し、 実践することに取り組んでいます。設立当初からアメリカ音楽療法士の第一人者、アラン・ウィッテンバーグ氏の協力のもと、 音楽療法の普及活動を中心にセミナーなどの開催を積極的に行ってまいりました。現在、高齢者施設をはじめ 個人宅など、多数の訪問先で音楽療法を行っています。また、京都音楽院生の勉強の場として、あるいは卒業生の 活動の場を提供し、福祉の領域で“音楽による癒し”を目的とする音楽リクリエーションやサークル指導者、 音楽セラピー・音楽ケアの専門家たちを支援しています。

●京都国際音楽療法センターからのお知らせ

一覧へ
  • 2020/10/07(水)
    平素は格別のお引立てにあずかり誠に有難うございます。

    この度、京都国際音楽療法センターは、令和2年10月24日(土)をもちまして
    御池阪急ビル(京都市中京区御池通河原町東入)での営業を終了させて頂くこととなりました。

    詳細はこちら>>

  • 2020/06/05(金)
    ○事例研究ゼミ 日曜開催
    ○音楽療法ベーシック講座 日曜開催
    ○声と身体のゆったりワーク 火曜開催

    詳細はこちら>>

  • 2020/05/25(月)
    平素は 京都国際音楽療法センターをご利用賜り厚く御礼申し上げます。

    現在、京都国際音楽療法センターの全講座を休講、また窓口業務を休業しておりますが、感染予防指針・対策を徹底の上、6月1日(月)より営業を再開し、準備が整った講座より順次再開いたします。

    詳細はこちら>>

  • 2020/05/22(金)
    全国での緊急事態宣言発令を受け、新型コロナウイルス感染拡大防止のため全講座のレッスンを臨時休講しておりましたが、下記感染予防指針・対策を徹底の上、準備が整った講座より6月から順次再開させていただきます。


    ■会場・教室で実施する感染予防対策

    詳細はこちら>>

  • 2020/03/24(火)
     「新型インフルエンザ等対策特別措置法」施行に伴い、万一「緊急事態宣言」が発令された対象地域にあたる場合は、講座やセミナー等を休講とさせていただきます。
     また入居している施設によりましては、施設内従業員の感染が確認された場合には、施設全館が急遽閉館となり、講座も休講となることがございます。

    詳細はこちら>>

  • 福祉音楽パートナー指導者養成・初級コース《受講生募集》
    2020/03/20(金)

    京都音楽院 専修科

    ≪火曜日クラス≫ 2020年4月開講

    それぞれの地域における福祉音楽サークルづくりや高齢者施設

    詳細はこちら>>

  • 2019/04/18(木)

    京都音楽院・京都国際音楽療法センター

    ~継続的なカウンセリングやお子さんの心理発達相談も受付中~

    《予約制》

    詳細はこちら>>

  • 京都音楽院『音楽療法センターこども音楽教室』受講生募集中
    2019/04/10(水)

    障がいのある、ないに関わらず、音楽を楽しみたいすべてのお子さまを対象とした教室です。

    ひとりひとりの個性に合わせて、楽器に親しみ、発達に合わせたレッスンで
    楽しく音楽表現していきます。

    講 座/うた・ピアノ・フルート・リコーダー・鍵盤ハーモニカ・パーカッション・ギター