地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店B1
  • 075-254-3700
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

楽器

お知らせ一覧

▼11~20件を表示/全130件

持ち運び電子ピアノ選び【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • 持ち運び電子ピアノ選び【スタッフが語る】
最近台風が日本に上陸する頻度すごいですよね?
これだけ日本に上陸するということは、日本に台風を引き寄せる引力人間がいると 私は推測します。
そんな気象の中でもコンビニは24時間営業して頂き、



「有難う御座います!」




さて、今回は電子ピアノの中でも比較的軽量・88鍵盤で、持ち運びもできるシリーズを、メーカー比較しながらご説明します。

(後日ホームピアノと呼ばれるアップライトピアノに形状が近いものをご紹介します)

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • 國松竜次クラシックギターミニコンサート【イベントレポート】 (その1)
  • 國松竜次クラシックギターミニコンサート【イベントレポート】 (その2)
2018年9月22日(月)にJEUGIA三条本店5F イベントスペース J-SQUAREにて!
JEUGIA120周年記念イベントのひとつ
國松竜次クラシックギターミニコンサートとギター展示会を行いました!

会場には20本以上の高級クラシックギターが並び、まさに壮観といった雰囲気でございます。

今回のイベントの特徴は
聴き比べです。

國松さんには、事前に展示のギターから
今回の曲目に合わせてギターを選定していただきました。
各ギターの音色をチェックし、

詳細はこちら>>


クランチへのすすめ【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • クランチへのすすめ【スタッフが語る】

はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!
皆さん、ギターのクランチお好きですか!



私は大好きです




?クランチ?

オーバードライブよりも歪んでおらず、クリーンとオーバードライブの間のようなサウンド。

詳細はこちら>>


クールなマイクスタンドが登場!【レビュー】

「KIKUTANI MS-100KIR」 ストレートマイクスタンド メタリックレッドカラー

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • クールなマイクスタンドが登場!【レビュー】(その1)
  • クールなマイクスタンドが登場!【レビュー】(その2)
メタリックレッドカラーのストレートマイクスタンドが入荷しました!!
クールともキュートとも言えます!
個人的にはかっこいい!です♪

「KIKUTANI / MS-100KIR」
身長に合わせてパイプ下部をカットすることにより、”あなた専用のマイクスタンド”になります。
*高さ調整部分が無く、イトノコギリなどで下部をお切りください。

パイプ径は強度を重視した22mmに設定。高さ調整機能を廃し、故障のリスクを軽減。

脚部の調整ネジは握り込みやすい形状を採用し、ガッチリとした脚部は高い安定性を実現しています。

ボディはクールかつ情熱的なメタリックレッドカラーですが、装飾をしたり、よりオリジナリティ溢れるマイクスタンドへとカスタマイズする楽しみもあります。

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • DAITA 新作DVD -UNTIL- 発売記念スペシャルトークショー 【イベントレポート】 (その1)
  • DAITA 新作DVD -UNTIL- 発売記念スペシャルトークショー 【イベントレポート】 (その2)
  • DAITA 新作DVD -UNTIL- 発売記念スペシャルトークショー 【イベントレポート】 (その3)
2018年8月31日(金)、JEUGIA三条本店5F イベントスペース J-SQUAREにて、
プロギタリスト、DAITAさんによる
新作DVD -UNTIL- 発売記念スペシャルトークショーを開催していただきました!

DAITAさんといえば、ロックバンドSIAM SHADEのギタリストとしても有名な
日本を代表するギターヒーローですね!

緊急開催されたイベントにもかかわらず、
会場には多くのDAITAさんファンや、DAITAさんに憧れるギタリストの方もお越しいただきました!

会場に入ってこられたDAITAさんは、会場の方々の拍手に笑顔で応えられており、
トークショーならではの、和やかな雰囲気の中でイベントがスタートしました!

トークの内容は、普段のライブ活動のことや、プロミュージシャンとしての体験談など、

詳細はこちら>>


Fender PLAYER TELECASTER Sonic Red【レビュー】

テレキャスターに気をつけろ

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • Fender PLAYER TELECASTER Sonic Red【レビュー】
先日、ついに当店も入荷しました
Fender PLAYER TELECASTER、レビューします!

まずはスペック!

ボディ材にはアルダーを採用!
ネックはメイプルネックにパーフェローフィンガーボード!
今回入荷分はパーフェローフィンガーボードですが、ボディカラーによってはメイプルフィンガーボードのものもあります!

ボディは艶あり塗装ですが、ネックはサテン塗装です。
これは手汗がやばい方には嬉しいのではないでしょうか!

フィンガーボードにパーフェローは、もう見慣れた方も多いかと思いますが、目の詰まった木材で、やや赤茶けた見た目ながらもローズウッドのような温かみもありつつ、音の立ち上がりも良い材です!

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • ピック何使ってる?【スタッフが語る】(その1)
  • ピック何使ってる?【スタッフが語る】(その2)
お久しぶりです 木山です。

ギタリストの必需品でもあるピックですが。様々な種類が出ていて具体的に何が違うのか、
ぶっちゃけどれでも結局一緒じゃんってほんの数ヶ月ぐらい前まで思ってました。
私以外のスタッフはどんなピックを使っているのか?
営業中、ピックの整理をしているときにふと気になったので、聞いて回りました。

まずハギハラさん、
JEUGIA Stage1のFUZZ野郎ですが、メインで使っているピックはJAZZⅢタイプとのこと、私的には結構以外だな、と思いました。
でもベースを弾くときは三角形だそうです。

続いてミヤグチさん、
JEUGIA Stage1のハーモニクス狂である彼はJAZZⅢタイプ、なんとジャンルの全く違うハギハラさんと同じでした、面白いですね。

詳細はこちら>>


三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • エフェクター+エフェクター【スタッフが語る】(その1)
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!





皆さん、エフェクター、使ってますか?



私は使ってます。





皆さんの多くもお使いかと思いますが、エフェクターにエフェクターを足したこと、お有りですか?

例を挙げるならば、


ブースター+オーバードライブ

詳細はこちら>>


スチューデントモデル【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • スチューデントモデル【スタッフが語る】(その1)
  • スチューデントモデル【スタッフが語る】(その2)
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!
今回はスチューデントモデルについて語ります



スチューデントモデルとは読んで字のごとく、学生の方(≒若い初心者の方)に向けて作ったギターです!

代表的なところで言えば、Gibson社LesPaul Jr やFender社Mustangなどが有名かと思います!

どのモデルも共通して言えることとしては


定番モデルより簡素な/コストを抑えた作り

詳細はこちら>>


工場探訪紀~A.R.E.処理とは~

そこまでやるか!ヤマハクオリティ

三条本店stage(ギター、ベース、ドラム、デジタル楽器等)

  • 工場探訪紀~A.R.E.処理とは~(その1)
  • 工場探訪紀~A.R.E.処理とは~(その2)
こんにちは。
三条本店stageの佐々木です。
今回はA.R.E.処理についてのレポです!

レポというか工場ではA.R.E.加工する
装置の外観しか見れなかったので
A.R.E.とはなんぞや!という説明をさせて頂きます!

なんぞや?

A.R.E.とはフルネームで言うと
Acoustic(あこーすてぃっく)

詳細はこちら>>