地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタジオ・練習室レンタル
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • 滋賀県
  • 〒525-0025 滋賀県草津市西渋川1-23-23 A-SQUARE SARA南館 2F
  • 077-561-6570
  •  10:00~21:00

楽譜

お知らせ一覧

第45回 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲販売開始

店頭にて要項・課題曲の販売が開始されました!!

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • 第45回 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲販売開始(その1)
  • 第45回 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲販売開始(その2)
  • 第45回 ピティナ・ピアノコンペティション課題曲販売開始(その3)
第45回 ピティナ・ピアノコンペティション

今年も3月1日に課題曲が発表されたPTNA。4月1日に開始する申し込み受付に向けて、要項と課題曲CD・課題曲の楽譜が店頭にそろいましたのでご準備ください!!

草津Aスクエア店は

びわこ南支部

になります。

〇地区予選の日程〇
7月18日(日)
〇申し込み締め切り〇

詳細はこちら>>


草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • ~個人教室の講師様へ~(その2)
  • ~個人教室の講師様へ~(その3)
JEUGIA Piano Teacher's Circle<JPTC>
JEUGIAは、個人教室の先生を応援しています!
JPTCは、個人教室の先生のためのCircleです。ただいまメンバー募集中!入会金、年会費不要!

詳しくは「クリック」→ 「JEUGIA Piano Teacher's circle」ご案内

*一部PDFファイルが開かない携帯機種がございます。その際はパソコンよりご覧ください。


楽譜のご注文は「QRコード→お問い合わせフォーム」「TEL」「FAX」「E-Mail」で承ります。

詳細はこちら>>


モーツァルトの断片に何を読む

楽譜スタッフ キータムラ

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • モーツァルトの断片に何を読む(その1)
  • モーツァルトの断片に何を読む(その2)
今回紹介する「フラグメント」とは曲名ではありません。この言葉は“断片”や“未完の”という意味で、モーツァルトは数多くの作品を“完成させて”後世に残した一方、何らかの理由で作曲を中断、あるいは放置されたものが少なからず存在します。その中でも有名なのが、映画「アマデウス」で取上げられたレクイエムですが、これはモーツァルトの死によって未完に終わったので、今回紹介するフラグメント作品とは少し意味合いが違います。
 例えば、1789年の春、モーツァルトはある人物から作品の依頼を受けます。その内容は「私の娘のためにやさしく弾けるピアノソナタを6曲作ってほしい」というものでした。もしかしたら、この依頼人は前の年モーツァルトが作曲した、ソナチネアルバムにも載っているハ長調K.545のソナタを知っていて依頼したのかも知れません。     
モーツァルトはこの依頼に応えようと作曲したのか、数小節で中断しているものが何曲か残っています。それらはどれも初見で弾ける簡単なものばかりですが、結局モーツァルトは“やさしい”ソナタを1曲も完成させることは出来ませんでした。
 しかし、その後モーツァルトは自身最後となるピアノソナタを1曲書き上げています。それがニ長調K.576のソナタです。この曲は依頼の“やさしい曲”への反動なのか、モーツァルトのピアノ作品の中でももっとも難しい曲となっています。

詳細はこちら>>


イターリアの美食家 ロッシーニ

4つのデザートと4つのオードブル(楽譜スタッフT・K著)

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • イターリアの美食家 ロッシーニ(その1)
  • イターリアの美食家 ロッシーニ(その2)
 今年没後150年を迎えるイタリアの作曲家ロッシーニのピアノ曲集です。ロッシーニといえば、オペラのイメージが強いですが、そのオペラの作曲を最後の作品「ウィリアム・テル」でやめる(まだ37歳の頃(!!)」と、その後は声楽曲やピアノ曲などの、しかも小品だけを作曲していきます。                        それらの作品は「老いのいたずら(あやまち)」と名付けられ、この曲集は第4巻にあたります。タイトルは風変わりですが、内容はまともで、演奏会や試験で取り上げてもおかしくない、しっかりしたピアノ作品です。                   
 最大の特徴は全8曲のうち変奏曲が3曲あることで、特にオードブルの2、4曲目がオススメです。この2曲は一般的な変奏曲とは少し異なり、主題(前半A、後半B)の後半Bだけが変奏されていくのです。(前半Aも曲が進むにつれ、少し変わりますが…)、他にレスピーギがオーケストラ用に編曲した抒情的なデザートの2曲目、楽しいオペラアリアをピアノソロにしたようなデザートの3曲目(実際に歌詞(?)が書き込まれています)。オペラ序曲のように次から次へ色々なメロディが現れるオードブルの1曲目もオススメです。                                    残念ながら楽譜もCDも国内版盤が出てませんが、(CDはNAXOSからリリースされています)、今年メモリアルイヤーなので、是非聴いてほしい作品です。

詳細はこちら>>