地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter
  • twitter

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • 滋賀県
  • 〒525-0025 滋賀県草津市西渋川1-23-23 A-SQUARE SARA南館 2F
  • 077-561-6570
  •  10:00~21:00

お知らせ詳細

重いのとカルいのと。

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • 重いのとカルいのと。(その1)
ギター、特にエレキギターの場合は、個体の重量が問われることがよくあります。
殆どの場合は、「どれだけカルいか?」を問題になることが多いのですが、では重たいエレキはダメなのでしょうか?

私の回答は、決してダメなのではなく、寧ろ問題なのは、どんなトーンを求めているかだと思います。

軽いギターの長所はレスポンスの良さ、早さだと思いますが、短所は、外部からの振動の影響を受けやすいことです。
比例して重いギターは、一見レスポンスが悪いようにおもえますが、殆どの場合はパワーのあるピックアップなどを搭載して、その部分を補い、なお且つ外部からの振動、つまり生バンドでパワーのある出音の場合は、その影響を受けることなく、自らもパワーのあるサウンドを出すことが可能になると思います。

では、ネックとボディの重量バランスについてはまたの機会に書こうと思います。

草津A/SQUARE店Twitter