地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

  • 滋賀県
  • 〒525-0025 滋賀県草津市西渋川1-23-23 A-SQUARE SARA南館 2F
  • 077-561-6570
  •  10:00~21:00

お知らせ詳細

私の嫌いな曲・・・

スタッフTKのオススメクラシック 2018.11.24 Vol.20

草津A・SQUARE店/ミュージックサロンA・SQUARE

 今まで私の好きなオススメしたい知られざる曲などを、いろいろ紹介してきましたが、実は1曲どうしても 我慢できない部分がある超有名曲があります。それはシューマン作曲の謝肉祭 Op.9のラストです。この「謝肉祭」は20曲からなる様々な雰囲気の曲が集まった作品で、終曲の「フィリシテ人と闘うダヴィッド同盟の行進」は3拍子なのに行進曲としか聞こえない、この曲でしか味わえないものがあります。が、そのラスト ほどんどの楽譜で最後の1ページ分にあたるPiú strettoの直前からが、どの演奏も楽譜通りに弾いていない、というより楽譜が出版社によってまちまちなのです。
 私が大学時代、楽曲分析の一環でこの曲のエディション研究を行ったのですが、当時(今から30年程前)国内外の10数種の楽譜を集めたところ、このラスト1ページ 同じものは一つとしてなかったのです。
 Piú strettoは225小節から始まっているのですが、その直前、楽譜にはリタルダンドなどは、どこにも書かれていないのに、多くのピアニストはテンポを落としています。
 そして出版社によって解釈が違うのが231小節目と239小節目で、ここだけ3拍子のところに4分音符4つ入れている部分を、4連符として扱っているか、そうでないか、あるいはここだけ4分の4拍子にしているかと、いくつかのパターンがあります。
そして268小節目から最後まで、主和音(A♭‐C‐E♭)だけを両手で上下に移動させて弾くのですが、なぜどのピアニストも異常なほど速く弾くのでしょうか?「速度を速めて」という意味のstringendoの指示は、そこから24小節前の244小節目にありますが、244小節から速度を速めている演奏はあまり聴いたことがありません(ルービンシュタインとキーシンくらい?)。
 ちなみにラヴェルがこの謝肉祭の中から数曲をオーケストラ用に編曲していて、少ないながらも録音されています。このシューマン/謝肉祭の編曲版ですが、ムソルグスキー/展覧会の絵をオーケストラ用に編曲して、原曲(ピアノ曲)以上の人気作にした人物とは思えないほど、普通の編曲物となっています。そして最後、stringendoの指示がないのか、インテンポのままで、とても悲惨な終わり方をしています。興味のある方は一度聴いてみて下さい。
 今回少し文句の多い内容となってしまいましたが、曲自体は好きなので、CDや楽譜をお持ちの方は当該箇所を是非聴き比べ、読み比べしてみて下さい。
2018.11.24 Vol.20