サービスから教室・会場を探す

  • 120周年サイトバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

アル・プラザ堅田センター

  • 滋賀県
  • 〒520-0242 滋賀県大津市本堅田5-20-10 アルプラザ堅田3F
  • 0120-762-177
  •  10:00~21:00(日祝は~18:30)

お知らせ詳細

スタッフの講座体験記「ゴスペル・コーラス」編

アル・プラザ堅田センター

  • スタッフの講座体験記「ゴスペル・コーラス」編(その1)
  • スタッフの講座体験記「ゴスペル・コーラス」編(その2)
  • スタッフの講座体験記「ゴスペル・コーラス」編(その3)
 スタッフによる体験記2回目になりますが、実は体験は昨年の8月にして、9月からレッスンに参加しているので、もうすぐ1年になります。

 レッスンでは、まず最初に軽く準備体操から始まります。身体に力が入っていると、のどが絞まって、細い、苦しそうな声になってしまったりするので、身体の力を抜くこと、自分の中心を意識して、いい姿勢を保つことが声を出しやすくするポイントの一つだそうです。

 続いて、発声練習。先生のピアノに合わせて、息を吐いたり、声を出したり。今日は、9月18日(月・祝)に栗東芸術文化会館さきら中ホールで行われるイベント「JUMP UP LIVE」で歌う曲を練習するため、発声練習はサラッと終わりました。

普段のレッスン時、テキストに載っている曲を歌うときは、リズムの取り方、英語の発音の仕方、パート毎のメロディの練習、全パート合わせての練習、音源に合わせて歌う、というように丁寧に進んでいきます。

が、今はイベント用の曲「Why We Sing」をイベント目指して仕上げている途中なので、歌っていくことが中心。
まだ英語の歌詞が覚えられない~という感じです。英語は得意ではないので、パッと見て読めないところはカタカナでふりがなを振ったり、英語っぽく歌うのは、口がまわらなかったり、それも含めて楽しんでいます。

初心者からはじめましたが、みんなで声を合わせるのはやっぱり楽しい。
現在、各パート2~3名いるので、音程がわからなくなったら、他の人の声を聴きながら歌えますし、楽譜が読めなくても大丈夫です!

私はイベントで、ゴスペルを歌っているステージを見て、楽しそう!と思って体験しました。

無料体験受付中なので、一緒に歌いましょう♪

ゴスペル・コーラス 講師 江崎愛
月2回(水)14:30~15:30
入会金   ¥5400(込)
レッスン料 ¥5940(込)

ご予約・お問い合わせは、JEUGIAアルプラザ堅田センター 0120-762-177へ