地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

三条本店stage

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店B1
  • 075-254-3700
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

お知らせ詳細

ERNIE BALL 弦【スタッフが語る】

三条本店stage

  • ERNIE BALL 弦【スタッフが語る】(その1)
  • ERNIE BALL 弦【スタッフが語る】(その2)
stageの木山です。
皆さんは普段どのメーカーのギター弦を使っていますか?今回は私が普段から愛用しているアーニーボール弦について語りたいと思います。
エレキギター弦といえば真っ先にパッケージが思い浮かぶほどポピュラーなメーカーですね、鷲のマークがとても印象的です。今やどこの楽器屋さんに行っても置いてありますね。
弦自体の特徴と言えば?これと言ってありません、強いて言うならほどよいサスティンがあり派手な印象です。特徴がない、と言うのは言い換えればもっとも標準ということになるのでは?なら優等生ということになりますね!
実際愛用されているプロのギタリストも多いですし、世界中でもポピュラーな弦として扱われているということは、それだけ信頼されている弦ということになります。
褒めちぎりましたがそんなアーニーボール弦、特徴をもう一つ強いて言うならすぐに錆びてしまいます、張ってから暫く弾いていると見る見るうちに色も艶が無くなってきます、しかし、張りたては音もギラギラしていますがそこから徐々に馴染んでいく感じが私はお気に入りなのです!
普段私はドロップCチューニングなのですが、そのチューニングに一番合う弦を探していて行き着いたのがアーニーボール弦です、バリバリしすぎず程よい低音もお気に入りです。
そしてアーニーボール弦、色々な種類が出てるのですが私の一番のお気に入りはCOBALTシリーズです。鉄とコバルトが調合されていてギターのピックアップに協力に反応します!というものですね、
しばらく使い続けてそういえば使った事ないな、と思い試しました。張ってから暫く弾いてみたもののそんなに変わらない?気がしていたのですがバンドで合わせると、おお!なんかいつもより音が元気だ!音抜けも最高に良い!と予想以上に違い、しかもそこが大変お気に入りになりました。
今ではライブのときはいつもCOBALT弦を張るようにしています。
やはり音に拘っている方も、楽器本体や機材を試行錯誤することは重要ではありますが、元になっている音が出ているのは「弦」なのでそこはしっかり拘っていたいですね!

(三条本店Stageスタッフ 木山)