地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • 120周年サイトバナー
  • YMM左バナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

三条本店stage

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店B1
  • 075-254-3700
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

お知らせ詳細

ジャズとの出会い【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage

  • ジャズとの出会い【スタッフが語る】(その1)
  • ジャズとの出会い【スタッフが語る】(その2)
みなさんこんにちは!Nシマと申します。

私はジャズという音楽が好きです。

だから今回は、なぜ私がジャズにはまったかを語ってみたいと思います。

それは、今から10年以上前の出来事です。

私は当時からギター売り場でお客様とお話していました。

ある日、Tさんという50才前後の男性のお客様がギターの試奏をされていました。私が横で聞いていたら、今まで聴いた事のない単音のフレーズをパラパラと弾いておられました。

肩の力が抜けた軽いタッチで、一つ一つに主張は無いけれど、何故か私の心に引っかかるものがありました。

私は思わず質問しました。
「今のフレーズ誰ですか?」するとTさんはこう答えました。

「誰って、俺やがな(ニカッ)」

私は「これは誰かプロの作ったフレーズをコピーして弾いている」という
自分の浅はかさな先入観から質問してしまった事を、無性に恥ずかしくなりました。
と同時に音楽に対する私の勝手な思い込みに気づいた瞬間でした。

Tさんは得意そうに、これでもかといっぱいメロディを弾いてくれました。

私は気づきました。
(こ、これは覚えたフレーズの羅列ではない!)
Tさんのメロディは、ちゃんと繋がっています。
そして自由気ままに楽しそうに弾いています。

それは経験の浅い私でも、覚えて弾いているのではないとわかりました。

どきゅぅーーー~んっ!(心臓に矢が刺さった感じの音)

ぼろぼろぼろぼろ(ウロコがおちてる音)

その時私は、まさに目からウロコ状態です。

(ジャズって人まねじゃなくて自分を表現出来るんやん!ええやん!かっこええやぁん!)

今から思えば気恥ずかしく、どしょうもないのですが、私は本気でそう思いました。

そして開眼。私は、ジャズの奥深さにはまっていく事になります。

Tさんがいなければ、今の私は存在しません。Tさんありがとうございます。