地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • 120周年左カラムバナー_8月
  • YMM左カラムバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

三条本店stage

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店B1
  • 075-254-3700
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

お知らせ一覧

▼1~10件を表示/全43件

三条本店stage

  • 冬のPRSギターフェア開催!!(その1)
  • 冬のPRSギターフェア開催!!(その2)
  • 冬のPRSギターフェア開催!!(その3)
只今、JEUGIA三条本店B1F stageにて、
冬のPRSギターフェアを開催いたしております。

高級ギター・ハイエンドギターの定番のPAUL REED SMITHの代表機種『CUSTOM24』を
スタッフが木目をじっくり選定し、多数展示しております。
60本以上のCUSTOM24の中から、本当に厳選された11本をご用意し、
そのうち半分以上が10TOP仕様になっています。



もちろん、ご試奏可能ですので、お気軽にお申し付けくださいませ。

2017年仕様のCUSTOM24は、なんといってもピックアップに特徴があります。
85/15と名づけられたピックアップは、名前のイメージとは異なり、かなり現代的なサウンドのピックアップです。
幅広いレンジはもちろんのこと、クリアーでありつつしっかりとしたパワーがありますので、最新のハードなロックサウンドから、ハイファイでテクニカルなトーンまで、しっかりと対応してくれます。

詳細はこちら>>


三条本店stage

  • 三条本店stageクリスマスセール開催!!(その1)
  • 三条本店stageクリスマスセール開催!!(その2)
  • 三条本店stageクリスマスセール開催!!(その3)
只今、JEUGIA三条本店stageでは、クリスマスセールを開催致しております。

・欲しかったあのギターをこの機会に
・大切な人への、ちょっと幸せな音楽の贈り物に
・「平成最後のクリスマスに」楽器を始めたという経験に

さまざまな形でお客様の冬のひとときを彩る
大切なお買い物時間をご提供致します。

店内も、クリスマスムードの装飾に彩っておりますので、
ぜひぜひ皆様で、ご来店くださいませ。

場所:JEUGIA三条本店B1F stage
期間:12/25 まで開催!

クールなマイクスタンドが登場!【レビュー】

「KIKUTANI MS-100KIR」 ストレートマイクスタンド メタリックレッドカラー

三条本店stage

  • クールなマイクスタンドが登場!【レビュー】(その1)
  • クールなマイクスタンドが登場!【レビュー】(その2)
メタリックレッドカラーのストレートマイクスタンドが入荷しました!!
クールともキュートとも言えます!
個人的にはかっこいい!です♪

「KIKUTANI / MS-100KIR」
身長に合わせてパイプ下部をカットすることにより、”あなた専用のマイクスタンド”になります。
*高さ調整部分が無く、イトノコギリなどで下部をお切りください。

パイプ径は強度を重視した22mmに設定。高さ調整機能を廃し、故障のリスクを軽減。

脚部の調整ネジは握り込みやすい形状を採用し、ガッチリとした脚部は高い安定性を実現しています。

ボディはクールかつ情熱的なメタリックレッドカラーですが、装飾をしたり、よりオリジナリティ溢れるマイクスタンドへとカスタマイズする楽しみもあります。

詳細はこちら>>


Fender PLAYER TELECASTER Sonic Red【レビュー】

テレキャスターに気をつけろ

三条本店stage

  • Fender PLAYER TELECASTER Sonic Red【レビュー】
先日、ついに当店も入荷しました
Fender PLAYER TELECASTER、レビューします!

まずはスペック!

ボディ材にはアルダーを採用!
ネックはメイプルネックにパーフェローフィンガーボード!
今回入荷分はパーフェローフィンガーボードですが、ボディカラーによってはメイプルフィンガーボードのものもあります!

ボディは艶あり塗装ですが、ネックはサテン塗装です。
これは手汗がやばい方には嬉しいのではないでしょうか!

フィンガーボードにパーフェローは、もう見慣れた方も多いかと思いますが、目の詰まった木材で、やや赤茶けた見た目ながらもローズウッドのような温かみもありつつ、音の立ち上がりも良い材です!

詳細はこちら>>


Martin Custom Shop プレビルドモデル入荷!

stageスタッフ現地選定!

三条本店stage

  • Martin Custom Shop プレビルドモデル入荷!(その1)
  • Martin Custom Shop プレビルドモデル入荷!(その2)
  • Martin Custom Shop プレビルドモデル入荷!(その3)
当店スタッフがアメリカのペンシルベニア州ナザレスにあるマーチン工場に赴き、直接ギターを選定、買い付けを行ったカスタムショップのプレビルドモデルが入荷しました。

ファクトリーツアーでの現地買い付けにより、カスタムショップモデルですが良心的な価格となっております。
レギュラーラインナップには無い、カスタムショップならではの格別のサウンドを是非ご堪能ください!





・CTM OLD STYLE D-18 STYLE TOASTED BURST FINISH


・CTM D-28 STYLE Premium Swis Spruce/Guatemalan Rosewood

詳細はこちら>>


三条本店stage

  • Martinフェア開催中!
7/7(土)~8/31(金)までの期間中!
MARTINギターをお買上げの方に!



MARTIN純正ストラップ




MARTIN 弦 Life Spanシリーズ3セット


をプレゼント!

詳細はこちら>>


Roland/BOSS 電池駆動アンプフェア!

備えあれば憂いなし!

三条本店stage

  • Roland/BOSS 電池駆動アンプフェア!(その1)
  • Roland/BOSS 電池駆動アンプフェア!(その2)
  • Roland/BOSS 電池駆動アンプフェア!(その3)
本日より!

下記対象商品をご購入の方にもれなく!
野外フェスや緊急時に便利な!


Roland印のLEDハンディライトプレゼント!


数に限りがありますのでお早めに!


対象商品


【Roland】

詳細はこちら>>


三条本店stage

  • Electro-Harmonix Oceans 11 Reverb【レビュー】
今年の6月に発売しました、Electro-Harmonix Oceans 11 Reverbをレビューします!

発表されてから、日本国内の発売を今か今かと待ち望んでいましたが、こちらはかなりの名機ですよ!

機能面では最近のリバーブに求められているサウンドはほぼ網羅しているのではないでしょうか?




【メーカーサイトより引用】


●HALL - 広々としたホールをモデルにした温かみのある汎用性の高いリバーブです。
●SPRING - ヴィンテージリバーブのアイコン的存在である1962年製のFenderR 6G15リバーブユニットをキャプチャーしました。
●PLATE - 1960~70年代にかけてハイエンドなレコーディング・スタジオでよく見かけたスムースでブライトなメタルプレート・リバーブをエミュレートして います。

詳細はこちら>>


Marshall ORIGIN20H【レビュー】

オール“バルブ”アンプ

三条本店stage

  • Marshall ORIGIN20H【レビュー】(その1)
先日発売しました、 Marshall ORIGIN20H を早速レビューします!


発表当初より、プレキシマーシャルのような外観に心惹かれていたわけですが、今回弾かせていただいたのは20wのヘッド!

コンボのほうが日本の住宅環境には適しているのかなーとも思いましたが、やっぱりMarshallはスタックですよね!


ちなみにラインアップとしては、5wのコンボ、20wのコンボとヘッド、そして50wのコンボとヘッドです!
ライブにも持っていこうとするなら50w、家弾きなら5wと、希望の用途によってのサイズ展開があるのも魅力です!

まずは外観とコントロール!




最         高

詳細はこちら>>


Bacchus BTE-TE【レビュー】

今更とか言わないで!

三条本店stage

  • Bacchus BTE-TE【レビュー】
先日再入荷しました、Bacchus BTE-TEをレビューします!

昨年より発売しており、見た目のインパクトと価格の安さから当店でも人気のテレキャスタータイプですね。

ギターをあまりされてない方からすると、この茶色一色のどこにインパクトがあるんだ?とお思いでしょう。

こちらはオールローズテレキャスターという、現在では製造することすらほとんど叶わない、伝説的なギターがあります。

ローズウッドという木材はギターの指板やアコースティックギターの横板、裏板に用いられる定番の木材なのですが、あまり大きなサイズで採れるものではありません。

しかし、The Beatlesのジョージハリスンが1969年1月にイギリス・ロンドンで行われたルーフトップ・コンサートなどでボディ、ネック、指板全てがローズウッドで出来たテレキャスターを使用しました。

これにより爆発的な人気を得たオールローズテレキャスターですが、近年はローズウッドは輸出入の規制対象になったり、そもそもボディのサイズに使えるほどのローズウッドが採れなかったりと、作られたとしてもかなり高額になっていました。

詳細はこちら>>