地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • 120周年左カラムバナー_8月
  • YMM左カラムバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter
  • twitter

三条本店APEX

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店3F
  • 075-254-3750
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

お知らせ詳細

バイオリン 陳昌鉉 1992【展示品情報】

三条本店APEX

  • バイオリン 陳昌鉉 1992【展示品情報】(その1)
  • バイオリン 陳昌鉉 1992【展示品情報】(その2)
  • バイオリン 陳昌鉉 1992【展示品情報】(その3)
・陳 昌鉉 1992 日本

¥750,000(+消費税)

陳 昌鉉氏は韓国南部の金泉市出身。14歳で来日し、1957年に有数の弦楽器生産地であった長野県木曽福島町でヴァイオリン製作を始め、1961年に東京都調布市に工房を開きました。

1976年、製作したヴァイオリンがアメリカの「アメリカ国際ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ製作者コンクール」において6部門中5部門で金賞を受賞し、一躍名職人として知られるようになります。1984年には、アメリカヴァイオリン製作者協会より「Hors Concours」の認定と「Master Maker」の称号を授与されています。

2002年、自叙伝『海峡を渡るバイオリン』を刊行。この半生記は、草彅 剛さんが主演でテレビドラマにもなったので、ご存知の方も多いと思います。

青年時代を過ごした木曽福島町の芸術文化振興事業にも寄与し、2005年10月23日に木曽福島町より木曽福島町名誉町民章を授与され、2008年には大韓民国政府より国民勲章無窮花章を授けられています。

このバイオリンは1992年、ガルネリ・デル・ジェスの1735年製の銘器『Plowden』のコピーとして製作されています。すでに25年以上使用されていますので、ニスには年代相応のダメージがありますが、本体には楽器使用時に生じる細かい傷がある他は、大きな傷や修理跡は無く、良いコンディションです。しっかり弾きこまれていますので、弓を置いたときの楽器の反応もすばらしく、非常に気持ちよく美しい音色を引き出すことのできるバイオリンです。

日本を代表するバイオリン製作者の作品ですが、なかなか店頭で見かけることが少ない逸品です。試奏もできますので、ぜひ店頭でご覧くださいませ。