地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • 120周年左カラムバナー_8月
  • YMM左カラムバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter
  • twitter

三条本店APEX

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店3F
  • 075-254-3750
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

お知らせ一覧

▼1~10件を表示/全37件

Flute & Piccolo Fair

2018年9月7日(金)~9月30日(日)

三条本店APEX

  • Flute & Piccolo Fair
Flute & Piccolo Faire
2018年9月7日(金)~9月30日()


○金・銀製フルート試奏会
 9月22日()、23日()、24日(月・祝)の3日間
【金製フルートラインナップ】
・MURAMATSU
  9KCCE   ¥1,565,000(税抜)
  9KRHEstr   ¥1,745,000(税抜)

詳細はこちら>>


三条本店APEX

  • 山本純子 フルートアドバイザーDAY(その1)
ご自身にあった楽器の選び方から練習方法・演奏のワンポイントアドバイスまで。みなさんのお悩みを先生と一緒に解決しませんか?


【日時】9月29日(土) 13:00~18:00 (1枠30分)
【場所】JEUGIA三条本店3階レッスンルーム
【受講料】無料   ※ご予約優先


○山本純子プロフィール○
幼少よりピアノを、12歳よりフルートを始める。京都大学工学部卒業後、単身渡仏。
国立パリ地方音楽院、パリ・エコールノルマル音楽院の両校をそれぞれ審査員満場一致にて卒業。
国立パリ地方音楽院高等室内楽科及び高等ピッコロ科も修了。
UFAM国際音楽コンクール1位、第7回パドヴァ国際音楽コンクール木管部門1位などフランス国内外の様々なコンクールにて上位入賞。

詳細はこちら>>


三条本店APEX

いつもJEUGIA三条本店APEX管弦楽器をご利用いただき、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、10月1日(月)は棚卸のため臨時休業いたします。

ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解の程、何卒よろしくお願いいたします。

三条本店APEX

  • バイオリン JEROME THIBOUVILLE LAMY ストラドコピー【展示品情報】(その1)
  • バイオリン JEROME THIBOUVILLE LAMY ストラドコピー【展示品情報】(その2)
  • バイオリン JEROME THIBOUVILLE LAMY ストラドコピー【展示品情報】(その3)
・JeromeThibouville-Lamy ストラディバリウスコピー フランス
 ¥420,000 (+消費税)


JeromeThibouville-Lamy&Cie (略称JTL)は、19世紀半ばに既存のいくつかの工房が合併して誕生したフランスの楽器製作会社で、弦楽器製作の中心地ミルクールに拠点を置き 、20世紀半ばまで多くの弦楽器を生産していました。

会社の名前にもなっているHusson-Buthod-ThibouvilleとMarguerite Hyacinthe Lamyは、16世紀にさかのぼる木管楽器や金管楽器メーカーの系列の子孫でしたが、彼らは主に弦楽器でビジネスを発展させたいと考えていた起業家であり、自身は職人では無かったようです。
この弦楽器ビジネスは大成功を収め、同社は急速に成長、ピーク時には1,000人以上の職人が所属する、バイオリン作りの世界で最も強力な組合の一つになりました。

このバイオリンは内部にJeromeThibouville-Lamyのラベルと『ストラディバリウス コピー』と記載されたラベルの2枚が貼られていますが、上記の通りJTLの楽器を手がけていた工房は多岐にわたっているため、実際にどこの工房で製作された楽器かは判明しません。

詳細はこちら>>


三条本店APEX

  • 展示品情報 バイオリン Marc Laberte  c.1920(その1)
  • 展示品情報 バイオリン Marc Laberte  c.1920(その2)
  • 展示品情報 バイオリン Marc Laberte  c.1920(その3)
Marc Laberte c.1920 フランス/ミルクール

¥500,000 (+消費税)

マーク・ラベルテは1880年にフランス弦楽器製作の中心地であるミルクールに生まれ、31歳のときに、1780年に設立された老舗弦楽器工房Laberte-HumbertFreresの代表に就任します。
工房には、300人以上の従業員が雇用され、中にはCamille Poirson、Charles Brugere、Georges Apparutなど多くの高名な職人が勤務しており、まさに1900年代初頭のフランス弦楽器メーカーを代表する工房といえます。
また Antonio Stradivari 、 Guarneri del Gesu 、 Giuseppe filius Andrea Guarneri 、 Francesco Ruggeri 、 Nicolas Lupot 、 Jacob Stainer 、 Jean-Baptiste Vuillaumeなどの優れたバイオリンの銘器をコレクションとして所有し、工房の職人は細心の注意を払って自分の楽器のモデルとして使用しました。

1915年にはFourier Magnieの工房と合併し、 "Laberte-HumbertFreres、FourierMagnieReunis"という名前で新会社を設立、意欲的にバイオリンの製作・販売を行います。

詳細はこちら>>


三条本店APEX

  • 展示品情報 バイオリン Roberto Delfanti 2016(その1)
  • 展示品情報 バイオリン Roberto Delfanti 2016(その2)
  • 展示品情報 バイオリン Roberto Delfanti 2016(その3)
Roberto Delfanti 2016 イタリア/クレモナ

 ¥1,300,000 (+消費税)

ロベルト・デルファンティ氏は1964年イタリア、クレモナ生まれ。
1982年、18歳でクレモナ国際ヴァイオリン製作学校を卒業し、巨匠ジオ・バッタ・モラッシ氏の工房で修行した後、1986年、22歳で独立しクレモナに自身の工房を構えました。
ガルネリ・デル・ジェスやジュゼッペ・オルナティといったイタリアンバイオリンの銘器に影響を受けた作風で、深いオレンジブラウン色の美しい二スが使用されています。

細部まで精巧に仕上げられたデルファンティ氏の作品は、数ある新作イタリーバイオリンメーカーの中でも抜群の人気を誇り、当店でもよくご案内させていただいています。

デルファンティ氏のバイオリンは、新作楽器を弾いたときによく感じてしまう“新しくて硬い”というイメージが薄く、丸みのあるふくよかな音色が特長で、とても弾きやすい印象があります。このあたりが人気の秘密でしょうか。

詳細はこちら>>


三条本店APEX

  • 展示品情報 バイオリン Gunter H.Lobe  2014(その1)
  • 展示品情報 バイオリン Gunter H.Lobe  2014(その2)
  • 展示品情報 バイオリン Gunter H.Lobe  2014(その3)
Gunter H.Lobe 2014  ドイツ/ブーベンロイト

 ¥1,350,000 (+消費税)


ギュンター・ローベ氏は1961年生まれ、ドイツのバンベルク出身のバイオリン製作家です。
ローベ氏は1977年、16歳の時にブーベンロイトとミッテンバルトのバイオリン工房で修行を開始し、1987年にはマイスターの資格を取得、独立してブーベンロイトに自身の工房を開きます。
2年後の1989年にはミッテンバルトの国際バイオリンコンテストで銀メダルを取得し、その後もイタリア・クレモナの国際コンクールやミッテンバルトのコンテストで数多くの賞を受賞しました。
2003年にはクレモナ・トリエンナーレで“最高のドイツのマスターバイオリンメーカー”の称号を得ています。

同業の弦楽器製作者からもその製作技術が高く評価されていて、ストラディバリウスやガルネリ・デル・ジェスといった銘器のレプリカ製作がバイオリン製作業界で大きな賞賛を受けています。

詳細はこちら>>


三条本店APEX

  • 展示品情報 バイオリン Amedee Dieudonne  1945(その1)
  • 展示品情報 バイオリン Amedee Dieudonne  1945(その2)
  • 展示品情報 バイオリン Amedee Dieudonne  1945(その3)
Amedee Dieudonne 1945 (Joseph Pineau 1947 Parisラベル)

¥1,600,000(+消費税)

20世紀初期のフランスを代表する弦楽器製作家、アメディ・デュドネ氏製作のバイオリンです。
デュドネ氏は1890年生まれ。ベルギー、ブリュッセルの名工、Darcheの工房で働いた後1924年に独立し、フランスの弦楽器製作の中心地であるミルクールに工房を設立しました。
イタリアのオールドヴァイオリンをはじめ、古名器にならった丁寧な作品を作り続けたことで知られています。
また後進の育成にも熱心で、その後のフランスにおける弦楽器製作において重要な職人を数多く指導しました。

デュドネの代名詞とも言える赤いニスの色合いが美しいモダンフレンチバイオリンの逸品
です。

ラベルは『Joseph Pineau 1947 Paris』となっていますが、ランパルの証明書付で、証明書には『1945年頃にミルクールで作られたAmedee DIEUDONNEの本物の楽器であり、1947年にパリのJoseph Pineauによって販売された』と記載されています。

詳細はこちら>>


三条本店APEX

  • 展示品情報 バイオリン Leon Mougenot  1935(その1)
  • 展示品情報 バイオリン Leon Mougenot  1935(その2)
  • 展示品情報 バイオリン Leon Mougenot  1935(その3)
・Leon Mougenot 1935 フランス

 SOLD OUT

100年ほど前のフランスで活躍したバイオリン作家、レオン・ムジェノ氏の1935年製作のバイオリンです。
ムジェノ氏はフランスの弦楽器製作の中心地、ミルクールにて、同じく弦楽器製作家の父のもとに1874年に生まれました。
リヨンのPaul Blanchard、パリのPaul Jombar、ロンドンのHill&Sonsなどの一流工房で修行をした後、1899年、25歳で故郷ミルクールに戻り自身の工房を開き、StradivariやGuarneriのモデルで美しい作品を数多く製作しています。

この楽器は、完璧なまでの製作テクニックを誇ったムジェノ氏の作品らしく、隅々まで丁寧に作りこまれており、特にパフリングの合わせ目やスクロールのデザインのバランスなど弦楽器製作家の木工技術やデザインセンスが露見しやすい箇所が、惚れ惚れする精度で作成されています。

もちろん、80年程使用されていますので年代相応の細かい傷はありますが、大きな割れ修理の跡などはありません。また、指板や駒・フィッティングパーツなどの消耗パーツは新しい物に交換しておりますので、コンディションは非常に良好です。

詳細はこちら>>


三条本店APEX

  • 楽弓 展示品リスト
APEXでは楽弓を、国産メーカー品からドイツ、スイス、フランス、ベルギー、チェコ等欧州製の楽弓、フレンチオールド弓まで充実の品揃えで展示・販売しております。
もちろん、店内試奏室での試奏も可能です。気になる弓がございましたらぜひお試しください。

【楽弓展示品リスト】※価格は税抜表示です。
≪バイオリン弓≫ 
 ・Chr.Schaeffer フランス  ¥1,500,000
 ・Louis Morizot Pere オールドフレンチ  ¥1,400,000
 ・Pierre Guillaume Gold ベルギー  ¥1,300,000
 ・Alexander Langolf AL-190Gold ドイツ  ¥650,000
 ・atelier-P.Camurat フランス  ¥460,000

詳細はこちら>>