• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • 120周年左カラムバナー_8月
  • YMM左カラムバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

お知らせ詳細

ボロボロとピカピカ【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage

  • ボロボロとピカピカ【スタッフが語る】(その1)
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!
今回はボロボロの機材について語ります!



ギターなどの機材は基本的には使用するものですので、大小あれ、いずれは傷ついていくものです。
ましてやロックをやられている方なら、ちょっと粗暴な方も多いでしょうから投げ飛ばしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか?

特に古いヴィンテージのギターは塗装はラッカーという比較的傷つきやすい塗装で、しかも経年劣化によりボロボロなんてこともザラです。

普通は、ボロボロの使い古しとピカピカな新品なら新品の方が良いに決まってます。

しかしギタリストというのは不思議な生き物で、ボロボロのギターの方が格好良く感じます。

(もちろん個人差はありますし、ものによります。ピカピカのPRSとか最新のデジタル製品とかめちゃ良いですね。)


これは

良い音のする/貴重な ギターをプロギタリストが使う



それに憧れる



ボロボロが格好良く感じる


というような流れかと思います。


概ねヴィンテージギターというのは高額でありますので、レリック加工という、ヴィンテージギター比べると安価な新品のギターをあえてボロボロにダメージ加工するものもあります。

これには賛否両論あると思いますが、個人的にはなしじゃないです。
しかし、レリック加工は本当にセンスがある人じゃないと微妙になりがちですし、一度塗装を剥いだり、傷をつけると直すのはなかなかに手間と費用がかかります。


なので自分のギターをヤスリなどでレリックする際は、覚悟を決めてくださいね。

ちゃんと使ってついた傷ならば、傷ついた時はショックかと思いますが、それが歴史になり味になっていくますので、愛着も湧くかと思います。
なので無理にレリック加工せずに長く使う方が良いというのも事実です。



あとは、エフェクターやアンプもボロボロだと格好良いですよね。
特にエフェクターで言いますと、踏むものですので割合傷が付きやすく、BOSSとかの古いエフェクターの塗装が欠け、錆びていたりするとこいつは良い音出してくれるぞ……!という謎の信頼感があります。
同じことがRATBig MuffTSでも起こります。

しかもギターやアンプのヴィンテージだと高額でもエフェクターのヴィンテージならば案外手の届く値段です!

(FUZZ FACEやTONE BENDERは除きます。)


投げ売りされているボロボロのヴィンテージに出会うかもという淡い期待を胸に街のリサイクルショップに行く方も多いのでは?
私はそれです。
何なら、旅先ですら楽器店さんやリサイクルショップを見つけたら入ります。
そして大体何の出会いもなく帰ります。


当店でも中古の買い取り/販売をしていますので、ふいにボロボロのヴィンテージに遭遇することもありますので、もし三条界隈に足をお運びの際は是非お立ち寄りください。


以上、ボロボロとピカピカでした!