• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

お知らせ詳細

アーティストモデルのあれこれ【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage

  • アーティストモデルのあれこれ【スタッフが語る】
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!

皆さん、アーティストモデルについて、どう思いますか!?


例えば、世界で一番有名なアーティストモデルといえば

Gibson LesPaul モデルかと思います。

これはもう、アーティストモデルという枠組みを超えて一つのエレキギターのジャンルになっていますね。
ジャズのみならず、ロック、ブルース、ポップス、ありとあらゆる音楽ジャンルに使える歴史的名作でしょう。

LesPaulのように、超超超メジャーなアーティストモデルもあれば
そのプレイヤー好き以外からすればなんじゃこれは!となってしまうような物まであります!

(ボディシェイプ、柄、機能がぶっ飛んでるもの、良いですよね。)

また、そのプレイヤーのアイコン的な機材もある種、アーティストモデルといえるかもしれません。
ジョンフルシアンテの62年Fender Stratocasterのような、あの人といえばあれ!みたいな感じです。


ゲテモノのように見える機材もあるかもしれませんが、ファンからすれば、好きなプレイヤー本人と同じスペックで、気分が上がらないわけがありません!
しかも、あの個人的名盤と同じサウンドな気もしますし、ライブや練習では本人同様の弾き癖をあえてつけたりして、より一層その人に没入していける……





最高でしょう!




しかし!
ここで問題が生じます!

アーティストモデルはだいたいレギュラーラインよりもお値段は上がりますが、そこは目を瞑り、購入したとして……

数ヶ月後、ギターマガジンやGIGSなんかをふと見ると

あれ……?




「○○○、別のギター使ってんじゃん!!!」


「ていうかレコーディングはヴィンテージのギターじゃん!!!」




はい。
MVではこれ見よがしに使っていたあの機材が、あっけなく別の機材に変わってしまう、または改造好きなプレイヤーなら違う仕様に変わっている、なんてことが起こってしまいます。
そこに喰らいついて、本人の仕様機材がアップデートされたらそれに追従するも良し!
本人は本人、自分は自分と割り切って、使っている機材の核だけ真似るも良し!
(絶対にストラトシェイプだな、とかアームはフロイドだな、とか)

これは関してどう考えるかは個人個人の価値観におまかせします。

ただ長年同じ仕様のモデルを使う方もいますし、ファンの方には折れない心を持っていただきたいです。
でも、無理は禁物ですよ!


以上!アーティストモデルのあれこれでした!
ばいばい!