• JOCカード
  • JCMカード
  • 楽器メルマガ
  • 楽器レンタル
  • 音楽団体インフォメーションサービス
  • JEIGIA 展示品情報
  • JEIGIA スタジオ・練習室レンタル
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

お知らせ詳細

【くみブロ262】背景とエコー

イオンモール久御山店/ミュージックサロン久御山

シンガーやミュージシャンの方であれば、ツイッターやインスタグラム等のSNSを活用したPRは、もう当たり前の時代。
今回は私がSNS用の動画撮影をお手伝いする中で、なんとなく意識している点を二つ紹介します。参考に出来そうであれば、ぜひお試しください。

一つ目は、
「背景に気を配る」です。
自室での撮影の場合は、床にペットボトルが転がっていたり、テーブルが散らかっているのは、ほとんどの場合良くないですね。他には窓の外が映っていたりすると、そこから住所が判明する事もあるので気をつけたいです。
スタジオで撮る場合に気をつけたいのが鏡です。背後の鏡に映ってはいけない物が..という事も、わりとあるあるです。普段から身辺は整理整頓を心掛けたいですね!

二つ目は、
「エコーを上手に使う」です。
練習スタジオを使う他にも、エコーをかけられるアプリを使う等、方法は様々ですね。
エコーは"ごまかし"でも"ズル"でも無く、立派な音響技術です。積極的に活用し、曲のイメージをしっかり聞き手に届けてください。
ただ、無いと寂しいエコーですが、かけすぎるとせっかくの演奏が台無しに。
確認の際は聞き手の気持ちになって、映える音を目指しましょう!

せっかく練習したんですから、しっかりバズりたいものですね!!

スタッフ A.N