• CD・DVDメールマガジン
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

レコメンドアイテム一覧

▼1~10件を表示/全23件

三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
「失われた海への挽歌 2019」歌・三線:松田弘一、徳原清文、内里美香、村吉茜

失われゆく美しい沖縄の海へ、万感の思いを込めて─
沖縄民謡界のベテラン松田弘一、徳原清文と、
若手実力派の内里美香、村吉茜による全30曲、2枚組の感動作!

2019年7月24日(水)発売|RES-317~318(2枚組)|価格¥3,700(本体価格)+税
|2019年3月沖縄市で録音
沖縄の海に寄せてのエッセイ(中村征夫、平井茂)、アルバム・曲解説・歌詞対訳(小浜司)をブックレットに集録

“海は素晴らしい 自然の恵みをもたらす 海洋民族の情け 幾世までも”(失われた海への挽歌2019)
海に抱かれて生きた人々が紡ぎ出した、さまざまな物語を歌った「海と人」をモチーフにした曲を収録しました。
今こそ、多くのリスナーに届けたいアルバムです。

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
ナポリとパリを結ぶ、フレンチ・アコーディオン・アルバムの注目作!

クリストフ・ランピデキア 日本デビューアルバム「ナポリとパリのそよ風」
Christophe Lampidecchia
“Brise Napolitaine / Brise Parisienne”

1999年度アコーディオン・コンテストで世界チャンピオンの座を獲得!
注目のアコーディオン奏者!

■本作について
「このアルバムは、私のフランスとイタリアのルーツを同時に反映しています。それはパリとナポリです」(クリストフ・ランピデキア)
1892年にウィーンで特許登録されたアコーディオン。そのアコーディオンをパリに持ち込んだのが、イタリアからの移民です。それまでのパリでは、バグパイプがダンスホールで演奏される楽器の主役でしたが、たちまちアコーディオンに主役の座を奪われました。今ではアコーディオンはフレンチ・ミュージックにとってなくてはならない楽器です。

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
唄と笑いの最高のエンタテイメント・ライブ!

登川誠仁&知名定男 ライブ!~ゆんたくと唄遊び~

今まで未発表だった“ゆんたくと唄遊び~夢の共演!ふたりのビッグショー”と銘打たれた、2001年9月5日に東京で行われたコンサートを、完全収録したアルバムです。
2001年公開映画「ナビィの恋」に出演し、一躍全国に名を馳せた登川誠仁と、12歳で登川誠仁に弟子入りし、その後ネーネーズのプロデューサーとして、また沖縄民謡界の立役者として、現在も第一線で活躍を続けている知名定男、2人が共演した大変貴重な音源です。
登川誠仁のステージでは“沖縄ジミ・ヘンドリックス”のニックネームを体現した、カチャーシー・ナンバー「アッチャメー小」の早弾きや、7分50秒に渡り、22曲もの曲を歌い継いでいく「民謡節渡り」。元々の歌詞をさかさまに歌った「逆加那よー」。さらに「まっくろけ節」まで飛び出します。また、沖縄が生んだ最高のエンタテナーの面目躍如たるゆんたくには、抱腹絶倒です。
知名定男のステージでは「ナークニー」「白雲節」の見事な歌・三線は元より、登川誠仁を引き立て、盛り上げる好サポート振りも絶妙です。

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
「Inverno(インヴェルノ)~イタリアの冬~」マウロ・スクイッランテ&サンテ・トゥルジ

「イタリアの四季」四部作の第三弾「Inverno~イタリアの冬~」
14編の詩情溢れるイタリアの多彩な冬の風景を伝えます。

ナポリ・マンドリン・オーケストラのリーダーにして、イタリアを代表するマンドリン奏者マウロ・スクイッランテと、1990年の東京国際ギターコンクールの優勝者であり、イタリアを代表する奏者サンテ・トゥルジによる素晴らしきアンサンブルをお聴き下さい。

■本作によせて
多分、冬は最もスピリチュアルな季節だ。
自然は眠り、日は短く、そして人は深く静かに思いを巡らす。
クリスマスは季節の中心、魂と心が真に再生し、太陽が再び力を取り戻し、蘇った光がきらめき出す。一方、復活祭は自然が目覚める一歩手前であり、まさしく薄暗い季節がここで終わる。人々は、寒く長い冬から解き放たれた喜びを、一年に一度だけ乱痴気騒ぎを許されたこの場所で爆発させる。だから、冬は暗闇から光輝く場所への通過地点であり、古いものが消え去り新しいものが生まれる季節と言えるだろう。

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
クレール・エルジエール「パリ、愛の歌 ザ・ベスト・オブ・シャンソン&フレンチポップ」

シャンソンとフレンチポップの名曲を収録した、待望のベスト・アルバム!
ジュリエット・グレコが絶賛し、ピエール・バルーが惚れたその歌声!

 2008年9月にリリースされた日本デビューアルバム「パリ、愛の歌~永遠のシャンソン名曲集~」より一貫して、古き良きシャンソンとフレンチポップの“垢”を落とし、そこに新たなる生命を吹き込むべくレコーディングを続けてきたクレール・エルジエール。
 軽やかで風通しの良いヴォーカルと、アコーディオンとギターを中心にしたシンプルながらも大変味わい深い演奏で、多くのリスナーがシャンソンとフレンチポップの魅力を再認識しました。
 今回リリースされるベストアルバムは、クレール・エルジエールがリリースして来た3枚のオリジナルアルバムを中心に、そこから特に日本でも人気の高い楽曲をセレクトし収録しました。収録曲はいずれも名曲の誉れ高い楽曲ばかりです。
 ボーナストラックには坂本九の歌唱で親しまれている「見上げてごらん夜の星を」のフランス語ヴァージョンと、フランスのクリスマスソングの定番曲「プティ・パパ・ノエル」を収録しました。この2曲もまさに永遠のスタンダード曲と言えましょう。

詳細はこちら>>


2018/9/5リリース

石川陽子『三味の喜び』

三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
石川陽子『三味の喜び』

「大城志津子の作品を多くの人に知って欲しいという願いが強くありました。
 そして直接の最後の弟子である事を誇りに思います」─石川陽子

■アルバム内容
石川陽子にとっての初のソロ・アルバムとなる本作は、師匠、大城志津子に捧げる作品となっています。
沖縄民謡界の重鎮の一人にして、大いなるリスペクトを受け続けている大城志津子。
石川陽子が大城志津子に弟子入りしたのは23歳の頃。自宅に住み込み、寝食を共にし、歌と三線を学びました。その中から石川陽子が学んだのは、歌・三線はただ歌い弾くものではなく、語るように歌い弾くものだと言うことです。
このことはまさに沖縄民謡の真髄であり、それを大城志津子から深く体得したのです。
今作は大城志津子の直接の、そして最後の弟子である石川陽子が、師匠が創作したオリジナル曲と、長くステージでレパートリーとして歌って来た曲を、より多くの人に届けたいという思いと、師匠から受け継いで来た教えを自分なりの形で表現したいとの思いから生まれました。

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
ハワイを代表するピアニスト、レネ・パウロが奏でるイージー・リスニングの名曲集!

レネ・パウロ「そよ風と私~ラヴ・サウンズ・フロム・ハワイ~」
Rene Paulo“The breeze and I ~ Love sounds from Hawaii ~”
2018年7月11日(水)発売

「今作に収録された曲は『ダニー・ボーイ』『ビギン・ザ・ビギン』『シバの女王』など、誰もが知っている、世界中でよく知られているスタンダード・ソングばかりで、どの曲も完成されている、メロディーの美しい曲ばかりだ。万人に知られている旋律なんだ。だからそれを壊す、いじるのではなく、原曲のメロディーに忠実であろうと考えた。美しい旋律を素直に弾こうと思ったんだ。」
今年88歳(1930年6月28日生まれ)になるレネ・パウロの最新作はイージー・リスニングの名曲集です。音楽ジャーナリストの宮本啓氏から、是非レネ・パウロに演奏してほしいとの思いから選曲された26曲より、23曲に絞って録音されました。そして最終的には18曲が選ばれました。

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
レネ・パウロ『ワイキキ~ビューティフル・ハワイアン・メロディー~』

ハワイを代表するラウンジ・ピアニスト、レネ・パウロが2002年に発表した32年ぶりのオリジナル・アルバム。「ワイキキ」「ラブリー・フラ・ハンズ」といったハワイアンのスタンダードが、美しいピアノ・ソロで味わえる。

いまも変わらぬ“地上の楽園”ハワイ。とはいえその楽園がまだ限られた人のものだった時代(60~70年代)のワイキキはさらに魅力的だった--そんな頃のハワイの一夜を蘇らせるようなロマンティックなピアノ・サウンドで奏でるハワイアン名曲集は、その時代の証言者・82歳のピアニストの手になる。

収録内容
(1)アクロス・ザ・シー
(2)ビヨンド・ザ・リーフ
(3)ワイキキ

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
タイトル ハワイアン・サンセット
原題 HAWAIIAN SUNSET

『ハワイアン・スラック・キー・ギター・マスターズ・シリーズ』の第11弾。タイトルどおりハワイの日没をイメージした選曲で、サニー・チリングワースやケオラ・ビーマーほか、名手たちによる美しい音色が満載されている。
ジョージ・ウィンストンがプロデュースする“ハワイアン・スラック・キー・ギター・マスターズ・シリーズ”の第11弾。ハワイの夕暮れを連想させる作品を集めたコンピレーションで、サニー・チリングワースやレオナード・クワンといった名手たちのプレイに時を忘れてしまいそう。



(1)モエ・ウハネ(ドリーム・スラック・キー)(サニー・チリングワース)
(2)ビューティフル・カハナ(バーニー・アイザックス&ジョージ・クオ)

詳細はこちら>>


三条本店CD・DVDフロア

  • (その1)
ケオラ・ビーマー『カ・レオ・オ・ロコ~優しきハワイアン・ララバイ~』

ハワイを代表するギタリスト、ケオラ・ビーマーの2015年4月リリースのアルバム。ギターに焦点を当てていて、全曲インストでギター以外の楽器は入っていない。9曲のオリジナルと6曲のハワイアン・スタンダードを収録。
ハワイのスラック・ギターの名手、2002年の作品。ニュー・エイジ音楽の巨匠ピアニストであるジョージ・ウィンストンのレーベルからリリースされた。自作曲を中心に、素朴さの中に豊かな広がりや誘いを内包したプレイを収める。ソロ演奏が主体で、解説にはちゃんと弦のチューニングを記載。

収録曲
(1)パイロロ
(2)カパルア・ベイ
(3)カウラナ・ナ・プア

詳細はこちら>>