• CD・DVDメールマガジン
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • スタジオ・練習室レンタル
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • ベーゼンドルファー正規ディーラー
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • 京都サンガバナー
  • 新卒採用バナー(経営管理部)
  • 採用情報バナー(経営管理部)

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

レコメンドアイテム一覧

▼41~50件を表示/全139件

三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
Love Flowers -幸せになれるラヴソング20-
ヴァリアス・アーティスト

最新の楽曲から名曲まで、豪華20曲を収録したラブソングの決定版!

「マルーン5/シュガー」「アリアナ・グランデ/ザ・ウェイ feat. マック・ミラー」「エルトン・ジョン/僕の歌は君の歌」「ABBA/ダンシング・クイーン」など最新の楽曲から名曲まで、豪華20曲を収録したラブソングの決定版!全20曲収録予定。

1.シャニース/アイ・ラブ・ユア・スマイル
2.マルーン5/シュガー
3.アリアナ・グランデ/ザ・ウェイ feat. マック・ミラー
4.ジャスティン・ビーバー/ベイビー feat. リュダクリス
5.サラ・バレリス/こんなハズじゃなかったラヴ・ソング

詳細はこちら>>


三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
ザ・ウィークエンド アフター・アワーズ

漆黒の夜を超え、求めるは眩い光―。全く新しいザ・ウィークエンド。
■メランコリックでエモーショナル、唯一無二の音楽性で世界を魅了する“新世代R&Bスター”、ザ・ウィークエンド。2018年12月の初来日公演も記憶に新しい彼が、オリジナル・アルバムとしては『スターボーイ』(2016年)以来となる待望の新作『アフター・アワーズ』を完成させた。
■2019年12月に突如リリースされた2曲の先行シングルは軒並み大ヒットを記録。「ハートレス」がリリース直後に、「ザ・ヒルズ」「キャント・フィール・マイ・フェイス」「スターボーイ」に続く自身4曲目の全米シングルチャート1位に輝くと、2020年に入り「ブラインディング・ライツ」が自身初の全英シングル・チャート1位に輝いた。「ブラインディング・ライツ」はメルセデス・ベンツが昨年発表した電気自動車=EQCのグローバル・キャンペーン・ソングに起用されており、そのCMにはザ・ウィークエンド本人も出演していることも話題となった。

詳細はこちら>>


三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
ジョー・サトリアーニ シェイプシフティング

誰もが認めるギターの”プロフェッサー”、2年ぶり17thアルバム!

80年代半ばより実に30年以上メジャーで活躍、スティーヴ・ヴァイやメタリカのカーク・ハメットのギターの師匠としても有名なジョー・サトリアーニ。過去グラミー・ノミネート15回、アルバム累計セールス1,000万枚以上と、ソロ・ギタリストによるインストゥルメンタル・ロックとして破格の成功を収めてきた。2018年の前作『ホワット・ハプンズ・ネクスト』はグレン・ヒューズ(B)とチャド・スミス(Dr)を迎えたパワートリオ作品となったが、17作目となる今作は果たしてどんなコンセプトで生まれたのか?キャリア初期より、ミック・ジャガーのツアー・ギタリストやディープ・パープルでリッチー・ブラックモアのピンチヒッターを務めるなど、エレキギターの“プロフェッサー”として名を馳せてきたジョー・サトリアーニ。2020年1月には「メタルの殿堂」(2020 Metal Hall of Fame)入りも果たした。

1.Shapeshifting / シェイプシフティング

詳細はこちら>>


MR.BIG ソングス 2010-2017

2020年3月25日リリース

三条本店 CD・DVDフロア

MR.BIG ソングス 2010-2017

日本独自編集 ベスト・アルバム
2010年「ホワット・イフ・・・」から2017年「ディファイング・グラヴィティ」まで、3作からのベスト・トラック全18曲
に加え18曲中16曲ライヴ・トラックをCD2に、未発表映像を含む映像コンテンツをストリーミングで視聴できるMカードを追加したデラックス・エディション!!

[1]
(1)アンダートウ
(2)アラウンド・ザ・ワールド
(3)ストレンジャー・イン・マイ・ライフ
(4)ワンス・アポン・ア・タイム

詳細はこちら>>


三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
ボブ・ディラン   日本のシングル集

日本が愛するディラン、日本を愛するディラン。だから、来日記念盤。

2020年4月に3年振りとなる9度目の日本ツアーが決定。今回は世界中のファンが羨む日本限定のライヴハウスで開催され、東京と大阪で14公演!78歳になった今も、ライヴを中心に活動を続ける、今のボブ・ディランを間近で見る絶好のチャンスで、ノーベル文学賞受賞後初の日本ツアーとなる。その来日を記念した日本独自となる今作は、1965年の日本コロンビア発売シングルから始まり、CBSソニー、移籍したワーナー・パイオニア時代の発売シングルも含んだ、1985年までの約20年間にアナログで発売されたシングル曲をリリース順に収めた商品企画となった。世界で初めてCDとして商品化されるシングル・ヴァージョンも収められ、ジャケットは来日を祝した日本制作のデザインで、収録のブックレットにはレアな日本コロンビア時代のシングルを始めとして収録の全31曲のジャケット写真を掲載予定。また、Blu-Spec CD2のフォーマットでの発売となる。

Disc-1

詳細はこちら>>


三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
ディジー・ミズ・リジー   オルター・エコー

デンマーク史上最高のロック・トリオによる復活第2弾アルバム!


ダイハードなロック・ファンにはもはや説明不要!あの鉄壁ロック・トリオが新たな感動をもたらしてくれる時がついにやってきた。90年代にデンマーク音楽史上最高のセールスを叩き出し、日本でも多くのファンを獲得したにもかかわらず、たった2枚のアルバムで一度は解散した彼ら。以降、ファンは長い長い“DMLロス”に陥っていた。そんな彼らが、2016年に約20年というリリース・インターバルを経て、『フォワード・イン・リヴァース』というこの上ない復活作で我々の前に帰ってきてくれたのは記憶に新しいところ。しかも1年の間に3度の来日公演(ラウドパーク2年連続参戦と単独ツアー)という離れ業もやってのけ、切れ味の増した極上テクニックと熟成された表現力が合わさり、たった3人で奏でるロックとしては無敵ともいえる素晴らしいステージングを披露してくれた。あの最高の復活イヤーを飾ってから4年。DMLらしさはそのままに、新たなチャレンジを封じ込めたという待望の4thアルバムを引っさげてシーンに戻ってきた。唯一無二のDMLメロディーとストイックに躍動する3人の雄姿に、またとことん酔いしれようじゃないか!

詳細はこちら>>


ゴットハード #13

2020年3月18日リリース

三条本店 CD・DVDフロア

ゴットハード #13

●スイスの国民的ハード・ロック・バンド「ゴットハード」による、約3年振りとなる13作目のスタジオ・アルバム。25年以上に渡り培ってきた、揺るぎない彼らの不変のロック・スピリットは今作も健在。唯一無二のメロディック・ロックを堪能できる至高のロック・アルバム。

●バンドは既に最新アルバムからの第一弾シングル「ミステリア」を公開。この曲は正にゴットハードと言わしめるメロディック・ロック・ソングで、エスニックな雰囲気を醸し出した、キャッチーでフックのあるメロディー・ラインが秀逸なナンバー。ニュー・アルバムへの期待が否が応でも高まるシングルとなっている。アルバム発売までに順次第2弾以降のシングルも公開予定。

●母国スイスのみならず、ヨーロッパ全域で高い人気を誇るロック・バンド。92年のデビュー以来、歌心を大切にしたオーガニックなハード・ロック・サウンドと、数えきれないステージ経験により培われた高度なプレイ・スキルをもってライヴ・バンドとしての確固たる地位を確立している実力派。母国ではオリンピックの入場テーマに楽曲が使用されるほど国民的な人気を誇る。これまでに12枚のスタジオ・アルバムをリリース、09年のアルバム「Need To Believe」リリースに伴うツアーの一環で出演したラウドパークでは最高のパフォーマンスでファンを魅了した。10年に、事故によりシンガーのスティーヴ・リーが他界。オーディションの末、前任のスティーヴ・リーの再来とも言われるニック・メーダーが加入、ニックをフィーチュアした初のアルバム「Firebirth」を引っ提げ、UNISONICとのカップリングでジャパン・ツアーを行い、大成功を収めた。2014年には、アルバム「BANG!」を引っ提げ単独来日公演を行い弾みをつけた彼らは、2017年にデビュー25周年の節目を迎えアルバム「Silver」発表し世界各国のメディアからは高評価を獲得。新ヴォーカルのニックの実力とバンドの結束力はもはや世界が認めるところとなった。その後アコースティック・ライヴ・アルバム「Defrosted 2」を挟み、遂に待望の最新スタジオ・アルバムが2020年に発表となる。

詳細はこちら>>


三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
エミネム  ミュージック・トゥ・ビー・マーダード・バイ

“孤高のラップ・ゴッド”エミネムが突如発表した通算11作目のオリジナル・アルバム、待望のCDリリース!

2018年8月、同じく突然のサプライズ・リリースとして発表した『カミカゼ』以来、1年半ぶり通算11作目となるエミネムのニュー・アルバム『Music To Be Murdered By』は、20世紀を代表する映画監督アルフレッド・ヒッチコックが作曲家ジェフ・アレクサンダーと共に1958年に発売した同タイトルのアルバム『Music to be Murdered By』にインスパイアされた作品。1曲目「Intro」とラストの「Outro」では、ヒッチコック版に収録されていた「Music to be Murdered By」と「The Hour of Parting」での語りがそれぞれサンプリングされている他、アートワークもヒッチコック版のジャケットを模したものになっている。

アルバムには豪華ゲストが数多く参加。2017年の『リバイバル』収録の「リヴァー」でも共演していたエド・シーラン、エミネム作品ではおなじみの女性シンガーソングライター=スカイラー・グレイ、気鋭の女性ラッパー=ヤング・M.A、盟友ロイス・ダ・ファイブ・ナイン、90年代を代表するレジェンドたち=ザ・ルーツのブラック・ソートとア・トライブ・コールド・クエストのQティップ、幅広いスタイルで活躍するマルチ・ミュージシャン=アンダーソン・パーク、そして昨年12月に21歳で急逝したラッパーのジュース・ワールドら多彩な顔触れも話題。

詳細はこちら>>


三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
オジー・オズボーン オーディナリー・マン

へヴィ・メタルの帝王=“マッドマン”オジーがついに動き出す!

BLACK SABBATHのデビューから50周年、そしてソロ・キャリアの幕開けとなった名盤『ブリザード・オブ・オズ~血塗られた英雄伝説』から40周年。オジーの実に10年ぶりとなる待望の11thオリジナル・アルバムが遂に完成した。GUNS N' ROSESのダフ・マッケイガン(B)とRED HOT CHILI PEPPERSのチャド・スミス(Dr)がリズム隊を務め、2ndシングル「ストレート・トゥ・ヘル」ではスラッシュ(G)が、3rdシングルの表題曲「オーディナリー・マン」ではなんとヴォーカルとピアノでエルトン・ジョンが参加!プロデューサー兼ギタリストとしてアンドリュー・ワット(2019年9月に世界15か国でアルバム・チャート1位を獲得したポスト・マローンのプロデューサーで元カリフォルニア・ブリードのギタリスト)を迎えて制作された本作は、過去幾度となく死にかけてきたオジー復活劇の始まりか、それとも渾身のラスト一撃か!?「おそらく『ノー・モア・ティアーズ』以来の重要な作品になりそうだ。このアルバムは崇高なる力からの贈り物だった。俺が全身全霊を注ぎ込んだこのアルバムを、みんなが聴いてくれることを心から願っているよ」。― オジー・オズボーン

詳細はこちら>>


三条本店 CD・DVDフロア

  • (その1)
ザ・チェインスモーカーズ ワールド・ウォー・ジョイ

「世界で最も稼ぐDJランキング1位」の最新作!

全世界でのトータル楽曲再生数140億回、日本のみでも2億6,000万回超えを誇るザ・チェインスモーカーズ待望の最新アルバム。同作には今年(2019年)2月から4か月連続シングル・リリースされた「フー・ドゥー・ユー・ラヴ feat. ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー」「キルズ・ユー・スローリー」「ドゥー・ユー・ミーン feat. タイ・ダラー・サイン&ビューロウ」「コール・ユー・マイン feat. ビービー・レクサ」や7月にリリースしたシングル「テイクアウェイ」他、新曲も追加収録予定となっている。

01. ザ・リーパー feat. エイミー・シャーク
02. ファミリー with カイゴ
03. シー・ザ・ウェイ feat. サブリナ・クラウディオ
04. P.S.アイ・ホープ・ユアー・ハッピー feat. ブリンク・182

詳細はこちら>>