地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • 120周年左カラムバナー_8月
  • YMM左カラムバナー
  • 三条本店左カラムバナー
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

  • twitter

三条本店stage

  • 京都府
  • 〒604-8036 京都府京都市中京区三条通寺町東入石橋町11番地 JEUGIA三条本店B1
  • 075-254-3700
  •  平日 11:30~20:00 土日祝 10:30~20:30

お知らせ一覧

▼1~10件を表示/全61件

スチューデントモデル【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage

  • スチューデントモデル【スタッフが語る】(その1)
  • スチューデントモデル【スタッフが語る】(その2)
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!
今回はスチューデントモデルについて語ります



スチューデントモデルとは読んで字のごとく、学生の方(≒若い初心者の方)に向けて作ったギターです!

代表的なところで言えば、Gibson社LesPaul Jr やFender社Mustangなどが有名かと思います!

どのモデルも共通して言えることとしては


定番モデルより簡素な/コストを抑えた作り

詳細はこちら>>


工場探訪紀~A.R.E.処理とは~

そこまでやるか!ヤマハクオリティ

三条本店stage

  • 工場探訪紀~A.R.E.処理とは~(その1)
  • 工場探訪紀~A.R.E.処理とは~(その2)
こんにちは。
三条本店stageの佐々木です。
今回はA.R.E.処理についてのレポです!

レポというか工場ではA.R.E.加工する
装置の外観しか見れなかったので
A.R.E.とはなんぞや!という説明をさせて頂きます!

なんぞや?

A.R.E.とはフルネームで言うと
Acoustic(あこーすてぃっく)

詳細はこちら>>


三条本店stage

  • 電子ピアノ【スタッフが語る】(その1)
  • 電子ピアノ【スタッフが語る】(その2)
JEUGIA三条本店STAGEの冨田です。


まだまだ酷暑が続いていますが、、冷蔵庫に顔を突っ込んだりして、暑さを乗り切りましょう。


さて、今回私が語るのは、前回お話させて頂いた通り、電子ピアノです。


皆さん、電子ピアノを購入される時、どのような基準をもって購入されますか?

色々見るべきポイントはあり、弾かれる方によって選ぶものは変わってきますが、今回は、一般的に「ここを見るべき!!」といった点と、簡単な電子ピアノの機能をご紹介します。


( 88鍵盤をお求めの方が、比較的多いので今回は88鍵盤の選び方・機能で語ります)


まず、初めに見るべきポイントは、言わずもがな鍵盤です。

詳細はこちら>>


三条本店stage

  • 文化祭におすすめ!初めてのエフェクター5選!【スタッフが語る】
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!
今回は文化祭におすすめ!初めてのエフェクター5選!について語ります!


高校や大学に入学して4ヶ月ほど経過して、入部した部活やサークルで友達もでき、新入生発表会も終え、次のライブは文化祭!なんて方も多いのでは?

初ライブを終えて、録音を聴き直すとなんか、有名なバンドと音が違う……
ていうかセンパイのライブとすら全然音が違う……



やっば!!
文化祭までに練習しなきゃ!!卍!!



とお思いの方!

詳細はこちら>>


杭州工場探訪紀~シーズニング編~

そこまでやるか!ヤマハクオリティ

三条本店stage

  • 杭州工場探訪紀~シーズニング編~(その1)
  • 杭州工場探訪紀~シーズニング編~(その2)
  • 杭州工場探訪紀~シーズニング編~(その3)
皆さん。こんにちは。
三条本店stageの佐々木です。

さて、いよいよ工場見学のレポの始まりです。
パチパチパチ。

酷暑の中、バスで到着したのは、中国杭州にあるYAMAHAの工場です。
訪れた杭州の工場では、ギターとピアノを製作していました。
(ピアノの製作ラインは撮影NGだった為、割愛します)

まず、案内されたのは木材のストックがシーズニングされている場所です。
シーズニングには自然乾燥と人工乾燥とがあり・・・。

その前に!

詳細はこちら>>


旅のおともにウクレレ

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage

  • 旅のおともにウクレレ(その1)
暑い日々が続く中.....皆様はいかがお過ごしでしょうか?
熱中症の心配もあるので家でゆっくりとクーラーで涼む日々…という方が多いのでは?
わたくし頭フラフラの汗はだくだくと体中で夏を感じているヤナギバシでございます。

熱中症には気をつけながらも、もっぱら夏と向き合い、思い出を残していきましょう!
夏ならば海、川、山、ドライブなど。。。私も既にあちこち行ってまいりましたが

そんなときに持ち運びのしやすい楽器があると旅がより一層楽しくなるのです!

というわけで今回オススメしたいのは”ウクレレ”です!
ウクレレはその可愛らしい見た目から楽器というよりおもちゃのイメージをお持ちの方も
少なくないかもしれません。
いざウクレレを始めるとなって楽器店に足を運んでみても、色々なモデルがある中

詳細はこちら>>


ボロボロとピカピカ【スタッフが語る】

スタッフが語る○○シリーズ

三条本店stage

  • ボロボロとピカピカ【スタッフが語る】(その1)
はい、どうも!
JEUGIA三条本店stageのハギハラです!
今回はボロボロの機材について語ります!



ギターなどの機材は基本的には使用するものですので、大小あれ、いずれは傷ついていくものです。
ましてやロックをやられている方なら、ちょっと粗暴な方も多いでしょうから投げ飛ばしてしまうなんてこともあるのではないでしょうか?

特に古いヴィンテージのギターは塗装はラッカーという比較的傷つきやすい塗装で、しかも経年劣化によりボロボロなんてこともザラです。

普通は、ボロボロの使い古しとピカピカな新品なら新品の方が良いに決まってます。

詳細はこちら>>


ヤマハ杭州工場探訪紀~プロローグ~

そこまでやるか!ヤマハクオリティ

三条本店stage

  • ヤマハ杭州工場探訪紀~プロローグ~(その1)
まずは、工場のレポの前に、中国について、お話したいと思います!

人口はおおよそ14億人、1949年に建国され
69年の歴史しかありません。
90年代に入ると「世界の工場」と呼ばれる程
大量生産型の工場が中国に増えました。
ヤマハ杭州工場ができたのもこの頃です。
2000年代に入ると作るだけではなく「世界の市場」へと変貌。
2010年以降は個人消費が加速。
皆さんも「爆買い」という言葉は
まだ耳に新しいのではないでしょうか。

詳細はこちら>>


ヤマハ杭州工場探訪紀

そこまでやるか!ヤマハクオリティ

三条本店stage

  • ヤマハ杭州工場探訪紀(その1)
  • ヤマハ杭州工場探訪紀(その2)
こんにちは!
三条本店stageの佐々木です。

先日、わたし、なんと。

中国にある杭州工場に見学に行ってきたのです!

拙いレポではありますが、皆さんにも
杭州工場でのクオリティの高いギター製作現場を
お伝えできればと思います!
勝手な私のイメージで言うと「中国製=ほとんどオートメーションでしょ。」
と思ってました。

違ったんです!!!

詳細はこちら>>