地域から教室を探す

楽器・楽譜・CD・DVD

  • 楽器
  • 楽譜
  • CD・DVD

習い事とショップ

  • カルチャーセンター
  • カフェ&バー
  • ヤマハミュージックメンバー会員登録
  • 三条本店左カラムバナー
  • 楽器修理
  • 鍵盤楽器公正取引協議会
  • スタインウェイ正規ディーラーバナー
  • 京都サンガバナー
  • スタジオ・練習室レンタル

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

IR情報

社長メッセージ / 経営理念 / 対処すべき課題 / 事業等のリスク / コーポレート・ガバナンス


社長メッセージ

代表取締役社長 西村昌史

株主の皆様には、益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

平素は格別のご高配を賜り、心より厚く御礼申し上げます。

当社グループ第68期の事業内容ご報告をさせて頂くにあたり、一言ご挨拶申し上げます。

当期における商品販売は、引き続き厳しい状況でありました。

ピアノ、管弦楽器は概ね堅調に推移いたしましたが、LM楽器がギター関連を中心に低迷したことに加え、学校や施設への楽器販売が不振となったことで減収となりました。

教室事業は、引き続き堅調に推移いたしました。

音楽教室の会員数は、子供の音楽教室、大人の音楽教室共に、新規会員募集の好調により増加いたしました。また、カルチャー教室は昨年度発生した自然災害により一部会場で影響がありましたが、独自性のある講座を多数企画したことで既存会場の会員数が増え、また新規出店した会場の会員の募集が好調であったことで、増加いたしました。

教室事業では独自性を追求した魅力ある講座の開発と、新規出店等を実行すると共に、ネット通販を中心としたデジタル分野の強化を軸に、商品販売を立て直して参ります。

当社は今後も「単に商品を販売する、教室を運営するだけでなく、音楽関連事業を主体に地域に密着した事業を展開し、人々に生きがいや潤い、ゆとりを提供し、こころ豊かなくらしを提案する」という、当社の企業理念を柱にしながら、更なるチャレンジを推し進め、成長を続けるとともに、経営の効率化を図ることにより、企業価値の向上に努めてまいります。

株主の皆様におかれましては、今後とも変わらぬご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

2019年6月

代表取締役社長 西村昌史