京都音楽院検索
検索項目


フリーワード
学科・コース
指導者養成科
専修科
ミュージックアカデミー
セミナー・催事
カテゴリ

スマホ版はこちら

QRコード

左記のQRコードをケータイのカメラで読み取って、携帯電話やスマートフォン版のページにアクセス!!いつでもどこでもチェックできます。

セミナー・講習会・イベント・催事

▼1~10件を表示/全14件

  • 2017/12/10(日)

    音楽療法士のための発達心理学

    ◆◇開催日 2017年12/10(日) 2018年2/25(日)◆◇
          各日とも 13:00~14:30
     



    発達に障害のある子どもとの音楽療法では、障がいによる発達の特性を理解することが大切です。ところがその一方で、知識を得ることによって「自閉症だから○○なんだ」「ADHDだから○○なんだ」と、子どもの行動の理由を障がいの特性に結び付けて、安易な“わかったつもり”になってしまう危険性もあるのではないでしょうか。



    音楽は、そんな子どもたちの育ちをどのように支えていくことができるのでしょう。
    音楽療法士にとって きっと役に立つ発達心理学の知識を一緒に学んでみませんか?

    詳細はこちら>>

  • 2017/10/01(日)
    • アラン・ウィッテンバーグ氏特別講座
音楽療法フォーラム(その1)
    ◆◇開講日 2017年10月1日◆◇


    当音楽院国際顧問であり、アメリカ・メイン州サリーにて音楽療法センターを主宰し、
    サリーコンサートシリーズをプロモートしているアラン・ウィッテンバーグ氏が
    急遽来京します。この機会に氏による特別セミナーを開催します。

    ウィッテンバーグ氏は京都国際音楽療法センター設立当初から、殆ど毎年京都を訪れ、
    音楽療法の普及に尽力されました。

    福祉音楽を目指す人、音楽療法、音楽教育に関心のある方などに最適ですので、
    是非ともご来聴下さい。





    ◆◇授 業 内 容◆◇

    詳細はこちら>>

  • 2017/09/13(水)

    療育的音楽レッスンのすすめ

    • インクルーシブ教育音楽
指導者セミナー
《2017年9月期》
(その1)
    ◆◇2017年9月~12月 開講◆◇

    《土曜日クラス》《水曜日クラス》申込制 ※受験対象外




    「音楽が大好き」「楽器を習いたい」そんな気持ちはいっぱいあるのに、
    <じっとするのが苦手> <先生の話を聞いたり自分の気持ちを伝えたりするのが苦手>な生徒さん。
    なかにはアスペルガー症候群やADHDといった発達障がいの診断のある
    方もいるかもしれません。

    このセミナーでは、そのような方に対する正しい認識と理解を深め、
    「音楽したい」気持ちに応えるために指導者ができることについて、

    詳細はこちら>>

  • 2018/01/31(水)

    療育的音楽レッスンのすすめ

    • インクルーシブ教育音楽
指導者セミナー
《2018年1月期》(その1)
    • インクルーシブ教育音楽
指導者セミナー
《2018年1月期》(その2)
    ◆◇2018年1月~4月 開講◆◇

    《土曜日クラス》《水曜日クラス》申込制 ※受験対象外



    「音楽が大好き」「楽器を習いたい」そんな気持ちはいっぱいあるのに
    <じっとするのが苦手>
    <先生の話を聞いたり自分の気持ちを伝えたりするのが苦手>
    な生徒さん。
    なかにはアスペルガー症候群やADHDといった発達障がいの診断の
    ある方もいるかもしれません。

    詳細はこちら>>

    ~継続的なカウンセリングやお子さんの心理発達相談も受付中~

    《予約制》

    音楽は、ある人にとっては癒しとなったり、自己表現となったり、気分転換となったりします。
    しかし、いま音楽が「音が苦」であったり、なぜか楽しめないという方、いまの気持ちについてお話ししてみませんか。
    お子さんの育ちやご家族についての悩み、職場や家庭での人間関係の困りごと、最近疲れがとれない、やる気が出ない、いつもイライラしているなどご自身の身体やこころの状態にも、いろいろあるかと思います。
    いま、気になっていることを一度ゆっくりと語りにいらしてください。


    チラシPDFはこちら

    詳細はこちら>>

  • 2017/07/01(土)

    療育的音楽レッスンのすすめ ベーシック編

    開催日 2017年 7/1(土)・9/2(土)・11/4(土)


    心が動いてこそ、身体がうごき、音(声)が動く。
    そんな音を感じあい、純粋に楽しむ時間、空間を一緒に体験しませんか?



    音楽指導法や音楽を介した手法は数々あり、音楽はこうでないといけない、
    という枠にとらわれ、先生自身が「音楽を楽しむ」ことを忘れがちではありませんか?
    自分と他者を感じて生まれる“音楽”を難しくとらえず「人と音楽がつながる」「人と音楽でつながる」おもしろさを再認識していただけたらと思います。

    ちらしPDFこちら
  • 2017/10/12(木)

    創造的音楽教育

    ≪木曜クラス≫≪日曜クラス≫申込制 *受験対象外≪3期制≫

    《声による表現:うたやことば》
    《身体による表現:動きやダンス》
    《楽器による表現:リズムと演奏》

    の3つのアプローチから、音楽や表現を体験的に理解し、
    模倣や即興、創作の遊びを通した創造的な音楽活動の
    提案を実践していきます。



    □オータムセッション【秋期】平成29年10月~12月

    詳細はこちら>>

  • 2017/06/13(火)

    京都国際音楽療法センター

    楽器の音と同じように、声は音楽療法セッションの中で使える「音」
    そして人間にとって とても特別な音です。
    自分自身の身体をうまく使って声を出せたらもっともっと表現の幅が
    広がること間違いなし!

    ~声はいくつになっても磨けば変わります~



      この講座では ● 無理のない発声を体得すること
             ● 声を自由にコミュニケーションツールとして、
              楽音として使いこなすこと  を演習します。

    声が出しにくいと感じている方・人前で声を使う方・音楽療法を実践しているが

    詳細はこちら>>

  • 対象:大人から子どもまで

    《入会金不要・予約制》
    定期的にレッスン受講がむずかしい方に。

    ★演奏会・コンクール・ 発表会・ 受験などの前に・・・
     アドバイスを必要とされる方を対象にした特別レッスン
    ★ヤマハ演奏グレードの前に、知りたいことや弱点だけを集中強化!!
     初見・即興(変奏・モティーフ)・楽曲演奏など科目ごとに
     苦手なところだけをピンポイントで集中的に学べます。

  • 2017/06/25(日)

    ~臨床心理学と音楽療法

    • 後藤浩子特別セミナー
音楽療法の視点(その2)
    この講座は、臨床心理学をとおして、音楽療法をいろいろな角度からとらえ理解していくためのものです。音楽療法に関心のある方、音楽療法を実践している方等、それぞれの「知りたいこと・・・」の答えが見つかるでしょう。興味ある講座の受講をお勧めします。定員も限られますのでお早めにお申込みください。

     
    2017年 6月25日(日)14:30~16:00 A 健康づくりとしての音楽療法
    2017年 7月16日(日)14:30~16:00 B 心理療法としての音楽療法
    2017年 8月20日(日)14:30~16:00 C ことばの音楽療法~堀田メソッドをとおして~
    2017年10月15日(日)14:30~16:00 D クライエント中心療法の原点に学ぶ~ロジャースをとおして
    2017年12月17日(日)14:30~16:00 E 対象者を知るための方法~テスト・面談~

    詳細はこちら>>